巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume13

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (十三) 矢張り貴方であった

 今迄網守子は淋しいと云うことを知らなかった。今は其れを知った。
 今迄、自分が無教育であると云うことに、気付かなかった。今は其れにも気付いた。
 言わば目が醒めたのである。路田梨英の為に、目を醒まされたのである。

 「私は人より劣って居る。」
と云う様な言葉が度々網守子の口から洩れた。けれど人に劣って、満足で出来る気質では無い。其れだけ此の後は、きっと様々の苦しみを感じるであろう。何うにかして、少しでも気安めの工夫を、残して遣り度いと、梨英は思った。

 頓(やが)て家に帰り、此の家に昔からある、書籍の種類を検めた。勿論旧家だけに、多少の書籍はある。けれど、どれも古い。今の網守子の読み物にはなら無い。其の中に歌集が二、三種ある。
 「当分是をお読みなさい。」
と言って渡すと、

 「之を読めば私も大発展が出来るの?」
と網守子は聞いた。
 梨英「イエ是だけでは足りません。私が都へ帰れば、適当な書籍を送ります。」
 網「私は何の様な女に成れば好いの?」
 梨英「其れは答え難い問題です。」
 網「でも貴方は、何の様な女が一番好きなの?其れを私に云って下さい。私は其の通りに勉めますわ。」

 実を言うと、梨英自らが、良く女の道を知ら無い。単に画家と言う自分の位置から考えながら、
 「そうですね、第一、女は美しい着物を、美しく着なければいけません。着物が不味くては、何の様な美人でも見るに耐えません。」
 網「其れから?」
 梨「次は音楽。」
 網「私は音楽は出来ますわ。」

 梨「イヤ、正直に言いますが、貴女の音楽は正式に学んで居ないから、都の婦人の前では、姿勢からして笑われます。」
 此の言葉を聞き、かって顔を紅らめた事の無い網守子が、パット耳までも紅くした。梨英はそうとも気付かず、

 「次は紳士に対し、美術の話がが出来なければ、女らしい女では有りません。小説、芝居、絵画、彫刻、一通りは其の来歴と今の流行とを心得、善いとか悪いとか、自分の意見を述べることが出来なければ。次には作法礼式、その次にはーーー。」

 黙って聞いて居た網守子は、ここまで聞いて忽ち顔に両手を当て、ワッと泣き出した。
 「私は其の中の一つも知ら無い。私には女らしい所が一つも無いわ。」
と涙の中から咽ぶ声が漏れ聞こえた。

 梨英は、言い過ぎたと気が付き、様々に慰めたが、直ぐに網守子も気を取り直した様に、
 「残念でツイ泣いたのよ、私赤ん坊の様だわねえ。」
と少し極まり悪そうに笑った。

 間もなく夜に入り、毎(いつも)の通り、一同が老夫人の部屋に集まり、やがて網守子が、例の胡弓を弾き始めると、老夫人はフト首を挙げ、暫(しば)らく梨英の顔を見入って、
 「アア、貴方であった、矢張(やっぱ)り貴方であった。」
と言い出した。


次(十四)へ

a:152 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花