巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume133

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百三十三) 含首役(うなづきやく)

 実に添子の智慧は、滾々(こんこん)として湧いて出ると江南は思った。
 添「私は此の部屋を美術室に致します。今から私の交際術で、一月と経たない中に、江南夫人の美術室が、総ての美術家の中心と成る様に致します。譬えば、買い手を求める画工も、此のサルンへ来れば買い手が見付かる。古美術品を求め度い外国の漫遊客も、此のサルンへ来れば、其の道の人と知音(ちかづき)にも成れる。従って目指す品を尋ねる見当も付く。何でも美術に就いての一切の便宜が、此の部屋で得られると言う様にすれば、随分に公密銭(コミッション)も得られます。外国の漫遊客から取る利益だけでも、少なくはないでしょう。」

 江南は我知らず、
 「旨い、旨い」
と叫んだ。
 添「其れで私は毎土曜日に、多くの客や美術家が此の部屋に集うように致します。」
 江「感心だ、其れが好い。」
 添子は少し謙遜の語調と為り。

 「けれど、此の様な事が出来るのも、皆貴方のお蔭ですよ。貴方が芸術界の大天才とも、権威とも云われて居ればこそ、私に此の様な事が出来るのです。」
 江「其れはそうだ。私の身に充分に信用が無ければ、如何なる計画も行われる筈は無い。」

 添「其れですから、貴方は矢っ張り大天才と言う積もりで、最もらしい顔をして、此の部屋に居て、成るたけ口数を少なく、客に接しても、唯含首くと言う位に成さるのです。貴方が含首いた品に、間違いは無いと言う程の、信用を得なければ成りません。」
 江「分かった、分かった。」

 こうなっては、江南は何でも二つ返事である。
 添「其れに就けては、私が美術の鑑定に妙を得た幽霊を捕らえて来ますから、何でも美術品は総て其の幽霊に鑑定させ、貴方は夜の間に幽霊の説を聞き、昼間に成れば、お客の質問に対して、其の幽霊の言葉を繰り返すのです。」

 江「宜しい、宜しい。」
 添「其れで貴方は、インスピレーションの来ない間は、創作に従事しないと云い、余ぽど優れた代作の有るまでは、自分の作品を示さない事にするのです。」
 江「オオそうしよう、そうしよう。」

 一切の相談が略(ほ)ぼ調った。ここに至って添子は深く自ら感じた様子で、
 「ですが貴方、此の様にして成功するとも、イイエ、成功するに極まって居ますが、是は矢張り詐欺生活ですよ。」
 いかにも詐欺生活である。けれど流石に江南も、此の断定ばかりには二つ返事が出来ない。
 江「其れはそうだけれど。」

 添子は恨めしそうに、
 「私が自分から詐欺生活を言い出す様に成ったのも、矢張り貴方に引き入れられたのですよ。私の行いに何の様な詐欺が有っても、私を恨んで下さるなよ。何も彼も御自分の所為だと思って下さいよ。」
と妙に悲しそうな言葉を吐いた。



次(百三十四)へ

a:110 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花