巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume140

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十) 義理と名誉

 谷「『古江田利○』とあるのを、古江田利八と主張することは出来ない。けれど今日の話は、之を古江田利八であると見做しての事だ。」
 江「勿論見做さなければ成らないでしょう。愈々古江田利八の物とすれば、当然に其の子孫たる私共の権利です。相続の権利です。」

 谷「相続の権利と言っても、君は古江田利八が、自分の一命を助けられた礼として、其の鰐革の嚢(袋)を、寒村網守嬢の先祖へ、与えたもので無いと、証明することが出来るか。」
 江「サア、其れはーーー、其れは証明することが出来ません。けれど、常識で。」

 谷「常識で云えば、網守嬢の先祖が、相当の代価を以って買い取ったかも知れない。君は両者の間に、売買が無かったと証明すること出来るか。」
 江「其の様な事は事実らしく思われません。」

 谷「或いは又、難船の際に、首から外れて海中へ落ちたのを、他日波風が打ち揚げるか何うかして、網守子の先祖が拾ったのかも知れない。拾ったにした所で、難破船の品物を海中又は海辺で拾えば、拾い主の物と為るのが、数百年来、定まった習慣だ。網守子より外に、其の鰐革の袋に対して権利を持つ人は無い。」

 江「けれど、けれど。」
 谷「誰が何と言おうとも、鰐革の袋が中実と共に、一切寒村網守嬢の、権利に属すると言うことを、君が確かと認めた上で無ければ、此の話は進めることは出来無い。詰まり鰐革の袋は、何と言っても網守嬢の随意になるのだ。」

 江「けれど世の中には、義理と言う事も有ります。名誉と言う事も有ります。網守子は義理としても名誉としても、其の品物を古江田利八の子孫に、引き渡さなければ成らないでしょう。」
 義理や名誉の言葉が、江南の口にも発音せられるのは奇観だ。

 谷「君が、若し網守嬢の権利を認め無いならば、話は是れ切りで止めるから、君は訴訟でも何でも随意の行動を取給え。」
 江「イイエ、権利は認めます。けれど義理と名誉は認めません。」
 谷「権利を認めるとならば、続いて話を進めるが、五年前、僕が網守嬢の委託を受けた時、寒村家の宝物中の主なる者を評価させた。其の時紅宝石(ルビー)も専門家の鑑定を経たが。」

 江「其の値は」
 谷「幾ら相場の安い時でも五十万円を下らないと言うことだ。」
 江「エ、其れは網守子の財産総体の値ですか。」
 谷「ナニ其の紅宝石(ルビー)のみの値だよ。」
 何う言えば斯(こ)うと、一々即座に返事の出る江南の口も、之には、開いたのみで声が出ない。


次(百四十一)へ

a:101 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花