巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume141

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十一) 驚きの上の驚き

 普段は余り、思う心を顔に現わさない蛭田江南であるけれど、此の時ばかりは、最早や自分の顔色を制し得ないことと為った。彼は漸くにして声を発し、
 「エ、エ、鰐革の袋の中に紅宝石(ルビー)が、何れほどの値打ちだと仰りますか。」

 谷「幾等安く積っても、五十万円は下らないとよ。僕の鑑定させた専門の宝石商人が言うには、今は戴冠式を前へ控え、宝石の値が騰貴する一方であるから、八十万円と言っても高くは無い。来年になれば、百万円を越すかも知れないと言った。」
 江南は、此の驚くべき値を、合点すると同時に、忽ちに、持って生まれた欲心を燃え上がらせた。

 「併し先生、五十万円にもせよ、百万円にもせよ、其の宝石は私共の物ですよ。私共古江田利八の子孫の権利で、他の人が横取りすることは、決して許されません。其れだのに網守子は、只(た)った一万円で私へ示談しようと言うのですネ。一万円の目腐金で、貴重な私の権利を、買収しようと言うのですね。宝石は私の権利です。私一人では無くとも、私も割前を持つ一人です。」

 谷川は燃え上がる言葉を制して、
 「イヤ、静かに、静かに、権利と言ったとて、何の証拠が有る。君は古江田利八が、何の様な宝石を、何の様な袋に入れたと言うことを、証明することも出来ず、況(ま)して其の宝石が、紛失したなどと、子孫の間に言い伝えさえも無いでは無いか。此の宝石は何の点から見ても、完全に網守子の所有である。網守子は君に、一文でも半銭でも、与えなければならない義務は無い。」

 江南は叫んだ。
 「其れだから只った一万円で我慢せよと言うのですね。いけません。古江田利八には三人の娘が有りました。私は其の一人の孫ですから、宝石の価格の三分の一は受け取らなければ成りません。其れを網守子が、エエ、悔しい、網守子は私を憎んで居ます。私を迫害します。何事に限らず総て私へ損害を与えます。先生、先生、貴方までも、只った一万円で私を沈黙させようと仰(おっしゃ)るのですか。」

 谷川は殆ど気の毒な様に思い、
 「イヤ、そうは言わないよ。」
 江「イイエ、言いました。言いました。先づ一万円位だと。」
 谷「アレは君が、一万にも成るのかと問うたから、先ずその様な者だと、君の言葉に附いて曖昧に答えたのだ。蛭田君、良く考えたまえ、網守嬢が何で君を憎む者か。嬢は今の世に二人とは得難いほどの慈善家だよ。此の五十万以上の宝を、無条件で残らず君一人に与えようと言うのだ。」

 江南は全く腰を抜かさぬばかりである。
 「エ、五十万円以上の宝を、残らず、残らず私に、本当ですか。本当に網守子が、本当に私へ、私へ。」
 是こそは驚きの上の驚きである。



次(百四十二)へ

a:103 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花