巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume142

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十二)本統にーー本統だ

 安く積もっても五十萬圓(現在の約五億円)、高く積もれば百萬圓にも成ろうと云う金目の品が、不意に自分へ転がり込むとは、人生の五十年にそう度々あることでは無い。イヤ度々どころか、只の一度でも、半分でも有って欲しいと云う人が多いけれど、残念な事には其れが無い。取分け其の品物が、自分を敵として、自分に仇ばかりする様に見えて居る人から与えられるとは、驚きの上の驚きである。

 蛭田江南が容易に信じる事が出来ないように、繰り返して念を押すのも最もである。
 谷川弁護士は説明した。
 「そうだよ。本統に網守子が、五十萬以上の宝を本統に君に与えるのだよ。」
 江南は喘ぐ様に呼吸(いき)を激(は)づませて居る。多分胸の中には動悸も高く打って居るであろう。

 「其れは本統にーー本統ですか。」
 谷「そうとも、本統に本統だ。先ア聞き給え、網守嬢は、此の宝が君の物に成るか誰のものに成るか、その様な事は知りもせず、気にも掛けない。唯だ何が何でも此の宝を、古江田利八の子孫に与え度いと云うのだ。」

 江「成るほど」
 谷「併し古江田利八の子孫と云った所で、今は幾人に成って居ることか。又何所何所に住んで居ることか皆無分からず、其れを一々捜すことも到底出来ない。」
 江「成るほど」
 江南は
 「成るほど」「成るほど」
と感心して、而も熱心に聞いて居る。

 谷「其れで子孫の中の一人を選んだ。何でも利八の長女は、結婚せずに死んだことが確実だから、次女の子孫の中で一番血統の近い者へ与えると云うことに極めた。」
 「次女の子孫」
と聞いて、江南の顔は即座に青くなった。

 「二女の子孫ですか。二女の子孫ですか。其れではーーー。」
と問い返す語も擦(かす)れて、後に声が出ない。
 谷「そうさ、第二女の子孫の中で、一番の長子に当たる人へ与えるのが当然で有り、又網守嬢の決心なんだ。」
 江「第二女の子孫ーーー其れではーーー。」

 谷「其れでは君より外に無い。君は古江田利八の第二女竹子の嫡孫だから。」
 江南は何の声も出なくなった。
 暫くして、
 「第二女と云へバーーー。」
 と云い掛けて又沈黙して、深い深い溜息を発した。彼は日頃から小さい眼の男である。小さい眼だけれど、異様に鋭い底光のするのであるが、今は其の目を無くなるかと思うほど細く閉じた。谷川の顔を見るのも、谷川に顔を見られるのも、厭わしいと云う風である。そして顔も段々に垂れた。

 又暫くして独りごとの様に、
 「長女、二女、三女、成るほど、利八の子孫は幾人で、何所何所にに散っているか、其れも知れ無い。私自身さえ、何の様な従兄弟が有るか、更に知りません。ですが、谷川さん、貴方は最(も)っと広く調査成さったならばーーー。」

 谷「イヤ、第二女竹子の嫡男たる君が見つかった上は、この上調査などする必要は無い。」



次(百四十三)へ

a:115 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花