巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume146

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.26

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十六)  古江田利八の名

 梨英は故郷に帰っても、大した当ての有る訳では無い。けれど外に行く所は無いのである。
 彼は故郷に家も無い。親兄弟も無いけれど、旧家の末である。多少の縁者も有れば知り人も有る。この様な故郷へ、尾羽打ち枯らして帰り行く辛さを知らないでは無い。けれど未だ故郷には、彼が学資の為に、質に入れた田地の中で、流れもせずに質のまま残って居るのが幾分か有る筈である。

 彼は都を立つ時に、古い質を入れ替えて、旅費を作った様に、質の田地を入れ替えて、幾等かの金を得なければ成らない。是がもう今の路田梨英に取っては、最後の一策である。是が出来なければ飢え死ぬ外は無い。

 彼はこの様な考えで、悄々(すごすご)と故郷に帰った。成るべく知る人に顔を見られた度く無いものと、忍びやかに立ち回って居たけれど、幸か不幸か、亡き父の知り人に見つけられ、兎も角も其の人の家に身を留めることに成った。

 其の翌朝である。彼は起き出ようとしたけれど、頭が重くて、身を持ち上げることが出来ない。多分は多年の艱難や栄養不良などが積り積って、病気が発したので有ろう。熱が高まり、殆ど人事も分からないほどに成ったけれど、成年の身体は、容易に病の為に折(くじ)けて了(しま)うものでは無い。其れも十日余りにして全快した。

 彼が網守子と蛭田江南とに手紙を出したのは此の時であった。彼は様々な思いが胸に満ちて、殆ど手紙を出さずには、我慢が出来ないほどと成った。
 病気が治って後に、彼は目的の運動を始め、先づ登記所に行って調べたが、質に入れた多くの財産は、大抵流れ尽くしたけれど、未だ僅かばかりの期限の切れない分が有る。

 実に僅かでは有るけれど、幸いな事には、土地の相場が上がって居る。彼は知る人の親切で、何うやらこうやら目的の達せられそうな見込みを得た。

 ある日、彼れは登記所の記録を繰り返して居る中に、フと自分の家が、如何に昔、此の土地で栄えて居たかを感じた。幾百年の昔からツイ数代以前までは、土地に名高い物持ちであった。其れが零落の悲運に向かい、財産の人手に渡ったのみで無く、家族も段々に死に絶えて、今は自分一人の身と成って居る。

 彼は深い深い感に打たれて、先祖の名前などをば、調べるとも無く読んで居るうち、自分の母方に当たり、「古江田利八」と言う名のあるのを見出した。自分の母はワルシー市の某家から嫁入って来たのであるが、其の又母が利八の二女梅子とある。

 彼は「古江田利八」と言うこの姓名が、妙に自分の記憶の底に蟠(わだかま)って居る様に感じたけれど、何処で何して聞いた名か思い出すことが出来なかった。



次(百四十七)へ

a:114 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花