巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume15

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
            (十五) 他人の空似です

 眠り込んだ老夫人は、再び目を覚まさない。多分は嬉しさに気が緩(ゆる)んだのであろう。
 網守子は胡弓を置き、
 「貴方は、昔の古江田とか云う人に、余っぽど似ていると見えるわねえ。」
 梨英「多分、祖母(おばあ)さんが、常に其の人の事を気に掛けて居る為、私の顔が、其の人の顔の様に見えたのでしょう。」

 網「イイエ、祖母さんは、胡弓の音の聞こえて居る間は、気が確かで、思い違いなどは仕ないワ。」
 梨英「何にしても、彼(あ)の様に喜び、是から此の家に幸福が続く様に安心成さったのは、私も嬉しく思いました。祖母さんの言葉を聞いて居る間は、全く私が、古江田利八と云う、旅人か知らんと怪しみました。」

 下田の夫は考えながら、
 「若しや貴方は、古江田の血筋でも引いては居無いですか。」
 梨英は笑って、
 「そうですね、私が古江田利八と云う者の、孫ででもあれば、鰐革の嚢を貰って帰りますけれど、生憎他人の空似です。」

 此の翌朝、愈々(いよいよ)梨英は、別れを告げて此の島を去った。
 彼は都に着いて後、如何に深く自分の心が、網守子に結(むすば)って居るかを知った。何事をしても、網守子の顔が目の前に浮かび出る。少し物事を考えると、直ぐ網守子の事に移る。此の様な事で、永く網守子と、分かれて居る事が出来るか知らんと怪しみ、再び島へ引き返し度いと思ったけれど、又思い直して、
 「アア忘れる外は無い、忘れよう。忘れよう。」
と自ら云った。

 網守子の方は、彼が去ると共に、自分の身が空虚(うつろ)になり、全く此の世が暗(やみ)になった様に感じた。何事も手に付かない。」
 暇さえあれば船着き場の上に行き、初めて梨英と竹里とを迎えた時の様に岩の上に立ち、海を眺めた。けれど其の眼には、若い女の喜ばしい光が無い。今迄は島に育った癖として、出るにも入るにも、小唄を歌って居た。古い古い島歌で、別に何の意味をも感じない。けれど、其れでも口癖の様になり、軽い心が、声と共に空に浮かぶ様に思われた。其の歌声さえも今は出ない。

 「今に貴女の好きな人が来て、独りで置か無い様に成りますよ。」
との梨英の言葉が、耳の底に残って居る。彼が再び此の島へ来るだろうか。舟着きの岩は大西洋に面し、都の空とは反対の方を望むのである。爾(そ)うと気が付いては、後ろの小山の絶頂に登り、梨英の居ようと思われる方を眺める事もある。

 此の様にして、一日又一日と竟(つい)に十余日過ぎた。或日、舟を漕いで、隣島へ買い物に行った「子供」が、郵便局に留め置きであったのを、頼まれたと言って、一通の手紙と、一個の小包みとを載せて帰った。


次(十六)へ

a:129 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花