巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume151

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.31

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十一)  無事の分かれ

 江南が結婚したと聞いた時の梨英の驚きは、全く譬(たと)え様の無い程であった。梨英の胸には、腹の底から剣でも押し上げて来た様に、非常に鋭い痛みを感じ、言葉を発することさえも出来なかった。

 梨英は、確かに江南の新婦は、網守子であろうと思った。彼は曾て網守子の部屋で、江南の詩集を見た。其の表紙の裏に、恋人で無ければ書かない様な文句が書かれて有るのを見た。其れが為に彼は、網守子の部屋を飛び出した。其の後も彼の心は、唯其の事のみが気に掛かり、先頃網守子に手紙を送ったのも、何うか其の婚礼の成り立たない様にと祈る一心であった。

 其れのみで無く、其の後の梨英の一挙一動は、総て網守子が根本の動機と成って居る。此の度故郷に帰ったのも、こうして再び上京するのも、総て網守子の為で有り、動機の為でも有り、来たる美術展覧会へ傑作を発表する決心も、網守子が無ければ起しはしない。
 彼を様々に励ました言葉は、未だ耳の底に響いて居て、網守子に就いての一切の記憶と共に、彼の心の底に、唯一つの光明とは成って居る。

 其の網守子を、人も有ろうに此の江南に奪われたので有ろうか。全くそうに違い無い。今江南は百万円の財産が出来たと云った。網守子を妻にしなければ、其の様な財産が出来る筈が無い。そうして其の妻は美術心に富んで居ると云った。網守子ほど美術心に富んだ婦人が他に有ろうとは思われない。梨英は全く世界が暗黒に成った様に感じた。

 余り長く梨英が無言で居るので、江南は其の顔を覗き込み、
 「君は何うかしたのか。」
 梨英は殆ど腹痛の人の様である。
 「イイヤ、何うもしない。もっと詳しく、君の結婚の話を聞かせて呉れ給え。結婚は何時したのだ。」
 江「君は新聞紙を見ないのか。」
 梨「久しく見ないよ。」
 江「僕と添子との結婚披露は新聞紙にも出れば、人の噂にも上り、僕の知人が大概は知って居るのに。」

 梨「エ、添子?添子?其れが君の新婦の本名か?」
 江「爾(そ)うだよ。」
 梨「幼い時からの。」
 江「無論だよ。」
 梨英は浮かび上がった様に、ホッと安心の息を洩らした。

 是より更に江南は、様々に梨英を説いたけれど、今までの契約を復活させると云う、虫の好い目的は、遂に達することは出来なかった。其れでも彼は、都に帰り着いた上で、再び工夫を廻らせば、何うか成るだらうと高を括り、其の中に汽車が都に着いたので、
 「近日君の宿を尋ねるから。」
との言葉を残して分かれ去った。

 この様にして江南と梨英とが、再びロンドンに入ってから、両個(ふたり)の間に如何なる事柄が起こるであろう。此の儘(まま)で、事も無く終わろうとは思われない。



次(百五十二)へ

a:98 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花