巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume153

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十三)  数々の思ひ出

 人として自分の母の名を知らない人は無いけれど、母の実母の名を知らない人は、随分有る。更に其の実母の父の名に至っては、おそらく知らない人が多いで有ろう。路田梨英が其の一人である。彼れは早くから郷里を出で、自分の家の歴史に親しむ場合が少なかった為、全く古江田利八と云う名が、自分の母方の曾祖父(ひいおじい)さんに在るのを知らなかった。

 戸籍の記録を見て、其れを知った時に、妙に聞き覚えの有る名だと感じたけれど、何所で聞いたのかを思い出さなかった。無理も有るまい。人は五年前に、旅の空で聞いた古人の名を、何(ど)の場合にも即座に思い出すとは限らない。
 其れを今は忽然として思い出した。実は心を当時の事に集めて、其れから其れと考えた為めに、眠って居た記憶が、眼を醒ましたのである。

 彼れは実に歴々と思い出して、自分の身も震える程に感じた。そうだ、彼(あ)の時に老夫人が、幾度と無く古江田利八と呼んで、過ぎた昔の事を物語、自分も網守子の請いに従い、其の言葉に調子を合わせた。今思えば老夫人が、自分を古江田利八と見たのも、満更の無根では無く、或いは自分の顔形が、其の時の古江田利八に、肖(に)て居るのかも知れない。

 学者の説では、隔世遺伝とやら云って、過ぎ去った先祖の面影が、遠い子孫に現れる例が幾等も有る。確か彼の時、老夫人は自分の声まで、昔の利八の声だと云った。
 是まで思い出して、梨英の記憶は又一歩を進めた。アア彼の時に老夫人は、利八の首に掛けて居た鰐革の嚢を、中の宝の儘(まま)で私に返すと云った。果たして其の様な宝が、今も有るので有ろうか。有って自分へ伝わる可(べ)きで有ろうか。

 そうだ。其の宝は今もある。先日網守子の言葉では、其の宝を、老夫人の言葉通り、古江田利八の子孫に返し度い為めに、嚢(袋)の儘(まま)で銀行へ保管預けにして有るとの事であった。果たして其れは何れほどの値で有ろう。其の宝が十分の一も有れば、二人に分けて二人とも生涯を安楽に暮らせる様に、利八が云ったとの事であった。そうとすれば、一方ならない金目らしく思われる。

 如何に梨英が、画(え)の事より外に、欲の無い天才であっても、此の様な運命が、今自分の上へ降り掛かって来たと知っては、心を動かさずには居られない。況(ま)して彼は、算段に算段を重ねて、僅かばかりの金を得て、其れで此の次の機会まで、自分の身を支える事が出来るや否やと、気遣って居る際である。

 「アア若しも其の宝が、幾分でも、私の者と成れば、生活の心配無しに、充分、画の力を発揮することが出来る。」
と彼は深い嘆息と共に呟(つぶや)いた。



次(百五十四)へ

a:107 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花