巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume154

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十四)  寒村島に帰る

 梨英は此の夜、殆ど眠ることが出来ないほどに、様々に考えた。此の様な事は、得てして失望に終わる者である。或いは自分よりも、更に古江田利八に血筋の近い人が有って、当然に其の人が受け取る可きで有るかも知れない。

 徒(いたずら)に欲心を起こして失望を招くよりは、今の中に断念(あきら)める方が無難だ。けれど鰐革の嚢(ふくろ)は、全く老夫人の言った様に、莫大な宝を包んで居るからは、其れを自分が古江田利八の子孫であり乍ら、知らない顔で居る可き筋では無い。それに自分は今、一銭の金をも貴重にしなければ成らない境遇に在るのに、其の様な宝を見捨てては罰が当たる。

 考えるに従って、又何と無く嬉しさが募って来る。此の様に喜んでは、当ての外れた場合の失望が甚(ひど)いからと、自分で自分の心に意見を加えるけれども、其の力が甚だ薄い。何にしても自分は古江田利八の曽孫であることを、網守子の許まで名乗って出る可(べ)きで有る。

 利八の血筋を捜す為めに、網守子が非常な心配を重ねて居ることも分かって居る。其れを知りながら、無言(だま)っては居られない。此の様に考えて、終に網守子の許へ、尋ねて行くと決心はしたけれど、是も梨英に取っては幾分の辛さは免かれない。

 今までは、何うにか身の立つ迄、再び逢わないと思って居たのに、何の成し遂げたことも無く、元の儘(まま)の有様で、尋ねて行くとは、如何にも活気(いくじ)の無い訳である。とは言え、今更仕方が無い。

 * * * * * * * * * *  * * * * * * * * * *   * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  * * * * * * * * * *
 
 話は変わって、網守子は、江南の画室で大斧(おおまさかり)を揮(ふる)ってから、無事我が家へ帰りはしたものの、都の土地に住むことが不愉快にも成り、又恐ろしくも感ぜられた。更に江南と添子との結婚披露を読むに及び、今まで自分の保護者とも付添人とも為って居た添子が、江南の妻でありながら、自分を欺いて居たかと思うと、急に都の空気が偽りに満ちて居る様に思われ、兎にも角にも、一先ず故郷の島に帰り、悠々と休息し度いとの心になった。

 勿論谷川弁護士からは、添子を付添人に推薦した自分の不行き届きを謝して、直ちに新しい付添人を捜そうと言って来た。又従妹の藤子も、例の唐崎夫人も尋ねて来て、二人ともに、新しい付添人の出来るまで、自分の家に来て客分として逗留せよと言って呉れた。けれど網守子は総て之を謝し、自分の住まいは、女中などの付いたままで、柳本阿一を留守居同様に住まわせ、其の妹の小笛嬢を伴って、早々と寒村(サムソン)島へ帰って了(し)まった。



次(百五十五)へ

a:101 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花