巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume158

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.7

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十八) 是は不思議

 百円(現在の約十万円)の鑑定料は実に梨英に取っては大打撃であった。彼が辛い思いで作って来た籠城の資金が、大部分消えて了(しま)った。
 彼は自分が詰まらない欲心を起こしたのを後悔し、殆ど魂の抜けた人の様にに成って、画室に帰り、独り倩々(つくづ)くと考えた。

 けれど思案の浮かぶ余地が無い。何が何でも一心不乱に絵を書く一方である。書いた間に何か収入の道を捜して歩こう。玩弄(おもちゃ)の画でも看板の画でも好い。撓(たゆ)まずに求めれば、広い都に、何か口の無いことも無いだろうと、漸く考え直したのは、もう午後の三時頃であった。

 兎にも角にも思案が定まって了(しま)えば、彼は天才の常として、中々楽天的な気風をも持っている。独り愉快そうに、自分の部屋を飾り始めた。大して飾る品の有る訳では無いが、机や椅子や画台などを、其れぞれの場所に配り、丁度、前の「鼠の巣」の通りに、網守子の姿絵を、裏向けて壁に掛けなどした。

 「オオ斯(こ)うすれば、元の鼠の巣より幾分贅沢だ。サア是れでもう何の様な大作にも着手することが出来る。」
 独り呟いて居る所へ、案内も無しに入って来たのは、谷川弁護士である。梨英は少し顔を曇らせ、
 「貴方は何の御用です。」
と丁度谷川が梨英に問うた様に問うた。

 谷川は返事もせず唯だニコニコして椅子に腰を卸し、
 「先刻貴方が花客(おとくい)として私の事務所を訪(と)うた様に、私も花客(おとくい)として、ここへ来たのです。」
 梨「私の居る所が何うして分かりました。」

 谷川は梨英の名刺を見たけれど、住所を記して無いので、色々考へた末、網守子の留守宅を尋ねて、柳本阿一に聞いたのである。爾(そう)して更に先の夜、捨部竹里が梨英を友人だと云った事を思い出し。竹里にも逢って梨英の貧乏な境遇や、正直な気質などを聞き、少なからぬ同情の心を起し、実は鑑定料を返した上に、出来る事なら、多少の援助をも与え度いと云う様な積りで来た。

 「ハイ、私は柳本阿一に逢い、貴方の住所を聞き、捨部竹里にも貴方の事を聞きました。」
 梨「何にしても、私は長くお話しなどする時間の無いことを恐れます。」
 谷「貴方は画工で有りながら、画を買いたいと云う花客(おとくい)を追い払うとは、中々贅沢ですねえ。」

 梨「私の画は誰も買って呉れません。」
 谷「私が買い度いのです。私は無名の画家、イヤ青年画家の画を集めるのが道楽です。」
 梨「私は全く無名の画家です。」
 谷「無名でも今に有名に成りましょう。」
 此の様な言葉は梨英に取って嬉しく無い訳では無い。彼の心は少しづつ解け始めた。

 「本当に貴方は私の画を買いますか。」
 谷「ハイ買い度いのです。」
 梨英「是れは不思議、是れは不思議」
と独り笑った。



次(百五十九)へ

a:98 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花