巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume16

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
            (十六) 大いなる変化

 曾(かつ)て、新聞紙さえ入り込まない此の島へ、郵便が来るとは、網守子の身に、前例の無い事柄である。況(ま)して小包まで、勿論是は路田梨英からである。
 網守子は嬉しさに胸を躍らせて封を切り、読み返した。手紙の文句は思ったより短い。のみならず、是が梨英の言葉だらうかと、疑われるほど冷淡である。

 書き出しに「寒村(さむら)嬢」とある。成るほど自分は寒村嬢に違い無い。けれど曾て、寒村嬢などと他人行儀に呼ばれた事が無い。何故に呼び慣れた通り、「網守子」さんと云って呉れないのであろう。
 「寒村嬢、私し御地逗留中は、一方ならぬ御厄介になりました。ここに謹んで御礼申し上げます。此の手紙と共に書籍数種を小包で送りました。失礼ながら御受納(おおさ)め下さい。此の後、再び御目に掛かることも、あるまいと思いますから、切に寒村嬢の御健康と幸福とを祈ります。」

 唯是だけである。何と云う余所余所(よそよそ)しさであろう。「御厄介を掛けた」の「ここに謹んで御礼を」などと、幾等手紙でも、此の様な者ではないだろう。何で「嬉しかった」とか「早く再び逢い度い」とか、此の島で云って居た通りの事を、云わないので有ろう。其れも好いとして、

 「再び御目に掛かることも有るまい。」
とは余りである。網守子は幾度も又幾度も読み返し、終に全く恨めしい面持と為り、
 「病気などしたことの無い私しへ、健康など祈って呉れなくとも好いわ。」
と言って泣き出した。

 けれども、此の手紙を送り出した梨英の辛さは、決して網守子に劣らなかった。彼は色々と考えたが、若しも自分と網守子との間に、永く相思う心が続いては、双方の不幸である。自分は是から世に大発展をしなければ成らない身で、如何に可愛いくても、何の教育も無い島の娘を、妻にすることは出来ない。網守子も、都の人の妻に成れる身では無い。今の中に、忘れもし、忘れさせもするのが、年上である此の身の義務であると、此の様に思案して、幾度も書き直して、終にこの手紙が出来上がった。

 けれど実を云うと、両人(ふたり)の心は、最早忘れる事が出来ないほどの程度まで、進んで居るのでは有るまいか。梨英自ら、爾(そ)うと気の付く時は来ないであろうか。
 小包の中には、「何々独り稽古」とか「独習書」とか云うのが沢山あり、絵の手本や歌の本などもあった。

 網守子は、返事を出さなければ成らないと思い、筆を取った。けれど梨英の冷淡な言葉に妨げられて一句も書けない。終に返事を出さずに了(しま)った。

 網守子の境遇に、大いなる変化が来ることと為った。


次(十七)へ

a:132 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花