巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume161

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百六十一)  忌々しいほどに

 梨英は江南を羨むのでは無いと自ら断言した、実に爾(そ)うだ。江南が鰐革の嚢(ふくろ)を受け取ったとしても、羨みもしなければ妬みもしない。けれど、何故に江南が、何事にも自分の身に纏(まと)い附き、自分の運命の邪魔となり、自分に仇をする様な立場に成るのであろう。自分は到底、江南より上に出ることは出来ない様に、生まれて居るのだろうかと、殆ど運命が恨めしい様に感じた。

 谷川は慰めて、
 「貴方は是だけの手腕が有る以上、誰も恨むにも及びません。貴方の前途は余程祝福が多い筈です。」
 梨「イヤ、前途は余り当てにも成りませんけれど、私は江南を羨みは決してしないのです。併し実に意外ですよ。今まで彼とは多少の交際も有りましたけれど、彼が私の従弟で有ろうとは。---其の上に鰐革の嚢を受け取ったとは。」

 谷「此の事も私は先刻モッと詳しく貴方へ説明しようと思ったのに、貴方が聞かずに立ち去りました故、今ここで一応申して置きますが、彼の祖母竹子は利八の二女です。貴方の祖母はーーー。」
 谷川の言葉の終わらないのに、
 梨「エ、二女と云うのは私の祖母梅子です。」
 谷「イヤ違います。長女が松子、是は生涯を独身で終わった為子孫が無く、二女が竹子、三女が梅子。」

 梨英は不審が晴れない様に、
 「併し筆捨市の戸籍簿には、確かに梅子を二女と記して有った様に思いますが。」
と言って、自分が何の為に戸籍の登記を見たかと言う事をまで説明した。

 谷「若しや貴方の記憶の誤りか、見損じでは有りませんか。」
 梨「見損じとは思いませんけれど、私は何方(どちら)でも好いのです。若し鰐革の嚢が、権利として利八の子孫の当然に相続すべき物ならば、私は再び筆捨へ帰って見直して来て、主張もし争いもしますけれど、先刻のお説の通り、権利で無い以上は、誰が受け取ろうとも、其れを気に掛けて彼れ是れ言うのは無益です。」

 谷「イヤ、貴方が其の様に良く事理が分かって、断念なさるのは感心です。」
 是れより更に多少の談話は有ったけれど、数刻の後に谷川は三百円を払って、三枚の下絵を我が物として立ち去った。後に梨英は三百円の金を手に取り、
 「アア助かった、是でもう何の様な傑作でも出来る。」
と言い、顔に熱心の色を光らせた。

 この様にして彼は、全く鰐革の嚢の事を断念したけれど、彼とても人情の弱点は免れない。人も有ろうに、蛭田江南へ其の様な大財産が転がり込んだかと思うと、一方成らず癪に障り、殆ど忌々しい程にも感じられた。けれど其の不快が却って彼を刺激し、益々絵の方へ力を凝らさせる動機とは成ったらしい。



次(百六十二)へ

a:114 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花