巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume164

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百六十四)  事実百万長者

 「何れほどです。何れほどです?」
と熱心に問う添子の様を見て、江南は反対にグッと落ち着いた。
 「何れ程と問われて、直ぐ幾等幾等と明白に答えることの出来る財産は知れた者だよ。」
 添「エ?」
 江「譬(たと)えて言えばサ、和女(そなた)の持って来た金は四万円(現在の約4千万円)と、キッパリ額が決まって居て、其れから殖えも減りもしないだろう。私の得たのは其の様なけちなのじゃ無い。」

 添「ですから如何ほどですと聞くのです。」
 江「其れが一口には云え無いのさ。総て大きな財産と言う者は、爾(そ)う明白に積れる者で無い、考えても御覧よ。田地にしても家倉にしても、時と人とに依り、相場が変わると云う様な者だろう。公債証書だって爾(そ)うだ。額面と実価とは常に変動して居る。先ア、何れ程だろうと和女は想像する。」

 此の様に、添子をジラせて唯仄めかせて居る間が、江南には非常に愉快である。此の後は知らず、今までに是程の愉快を彼は嘗めたことが無い。
 添子は江南の顔に、何処やら真実らしい、熱心な、底嬉しさが潜んで居るのを見て、全く大いなる財産を得たに違いないと思い込んだ。

 「では、田地や家倉や、公債證書などですか。」
 江「イヤ、其れとも幾分か違う。けれど追々は同じ事だよ。田地にも家倉にも公債證書にも随意に変化することが出来るから。」
 添子は次第に迫き込んで、
 「はっきりで無くても大凡の高を聞かせて下さい。大凡何れほどです。」

 江「驚いてはいけないよ。和女の持って来た金の約二十倍も有ろうか。」
 添子は全く驚いて、
 「エ、二十倍と云えば八十万円?(現在の約8億円)」
 江「何の様に踏み倒しても十五倍よりは下らぬ。」
 添「十五倍と云えば、四五二十一五が五、アノ六十万円?」
 江「相場が好ければ、事に由ると三十倍にも成り相だ。」

 添「三十倍と云えば百二十万円?」
 江「先ずそうだ、大丈夫の所は価格八十万円だろうと思うが、値打ちの出た所で旨く売る積りだから、実際百万円には成ろう。斯(こ)う言って居る中にも、其の相場は段々に騰貴しつつあるから、私は今、一分間に何千円づつ儲けつつある様な者だ。」

 添「其れは誰かの遺産ですか。アア分かった、其れが為に貴方は田舎へ旅したのですね。」
 此の問は江南にとって愉快では無い。旅行と財産との間に何か因縁の有る様に疑われることは、江南の身に禁物である。譬(たと)い自分の妻からも、其の様に疑われ度く無いのである。
江南は少し慌てて、
 「イヤ、違う。違う。旅行は全く別の用事だ。財産は旅行よりも前に転がり込んでいた。」
 
 添「転がり込んで居た?其れでは矢張り遺産ですね。」
 江「先ア、遺産にもせ何にせよ、事実私は百万長者に成ったのだ。」



次(百六十五)へ

a:103 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花