巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume166

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百六十六)  永久の喜び

 「運の神様は取ったり与えたり為さるのねえ。」
と添子が云うのは、実に其の通りである。取ったものを与えることも有れば、其の代わりに又、与えた者を取って了(しま)うことも有る。
 添「ですが今度の此の百万円はーーーー、オオ事に由れば百二十万円にも成ると貴方は仰ったわねえ。此の百二十万円は、何うか運の神様が、再び取り返すなどと云う事を成さらぬ様に願い度いわねえ。」

 是も全くそうである。取り返えされるなどと云うことが有っては大変だ。
 江南は自分の身体を、大きく引き延ばし度い様な態度で、
 「一旦手に入れた運を取り逃がすなどと云うのは、其れは取り逃がす当人が悪いのだ。安心おしよ、此の私に限って、一度び握った運を、取り逃がすと云う様な其の様な間抜けた事はしない。」

 爾(そ)うであろう。自分へ手に入らぬ運までも手に入れて来る程の男だから、
 「畢竟(ひっきょう)、運と云えば運の様な者の、取られるも与えられるも、一つは当人の日頃に在るのだ。」
 日頃江南は、何の様に運の神から恵みを受ける様な働きをしたので有ろう。

 「今の世は何事も手腕だから、手腕が有れば運が来る。又其の運を引き留めることも出来る。私はもう此の運を益々増加させて行くばかりだよ。」
 添「オオ嬉しい。嬉しい。先ア百二十万円とは何れほどのお金でしょう。文字に書いてさえも。」
と言い掛けて、テーブルの一方に在る筆を取り、紙に百二十万の数字を記し、

 「御覧なさい貴方、文字に書いてさえ、百二十万は一二の後へ零が五個附きますよ。今迄は爾(そ)うと思はなかったけれど、零の五個並んだのは随分美しいのねえ。美しいどころでは無い。本当に立派ですわ。一二零、零、零、零、零ですもの。」
と嬉しさに浮かされて、宛(まる)で児童(こども)の様なことを云って居る。

 江南は少し自分が、多く言い過ぎたかと思い、
 「百二十万円と云うのは、相場の騰貴した場合だよ。実際は其れほどにも行くまいがーーーー。」
 添「アレ貴方や、私の零数を減らして下さるな。零を一個減らされては、桁違いに成りますよ。」

 江「先ア、八十万円だと思えば間違いは無い。」
 添「でも貴方は、事実百万長者だと仰ったのに。」
 江「爾(そ)うさ、八十万円あれば事実百万円長者だ。百万円にも百二十萬圓にも成ろうけれど、低く見積もって置くが好い。孰(いず)れにしても、年に三四萬円の利子は、黙って居て得られるから。」

 添「年に三、四萬円、月に三、四千円、其れだけ使っても、本は一文も減りませんのねえ。」
 江「其の上に信用が加わるから、幾等でも融通も利く、事業を営むことも出来る。もう此の後は、何れほどの大財産に成るか限りが知れない。」
 殆ど両人の喜びは尽きる時が無さ相に見えた。



次(百六十七)へ

a:111 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花