巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume170

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百七十) 何が、何が、大変だ

 全く添子の驚き方が、一通りで無いので、江南も驚かされて、
 「添子、添子、和女(そなた)は何したと云うのだ。何を其の様に驚くのだ。古江田利八の紅宝石(ルビー)が何で和女は其の様に恐ろしいのだ。」
 添子は返事する声が出ない。唯喘(あえ)ぐのみである。彼女の眼は狂人の眼の様に、空を見詰め、彼女の顔色は土の様である。

 恐れだか、驚きだか、イヤ恐れと驚きとが重なって居るのだろう。彼女はやがて蹌々(よろよろ)と蹌踉(よろめ)いて、椅子の上に尻餅を搗(つ)いた。けれど自分では自分が今何をして居るかをも知ら無いらしい。余程の事柄で無くては、此の様に度を失う筈は無い。

 江南は再び問うた。
 「添子、何うしたと云うのだ。」
 添子は切れ切れの声で、
 「古江田利八の子孫が貴方?。貴方だろうとは思わなかった。貴方の口から此の様な事を聞こうとは、今が今まで、思い寄りませんでした。

 何うせ私は露見するだろうと思わない訳でも無かったのです。けれど、けれど、多分網守子か誰かが気が附いて、ーーーイヤ気が附いた所で、何うともすることは出来ないだろうと思ったのに、其の酬(むく)いが貴方へ来た。貴方!貴方!」

 江南も何だか恐ろしい、且つ心配に耐えられない。
 「何うしたのだ添子。和女の云うことは少しも分からない。」
 分からないけれど、江南の心には薄々と或る疑いが差し込んで、其れが形容の出来ない或る恐れとなりつつある。

 「サア、分かる様に云ってお呉れ。」
 添子は呼吸も苦しそうである。
 「アア、先日私がーーーー四万円ーーーの小切手帳を貴方に見せました時、私は言いました。是で貴方と同じ詐欺生活に入るのだと。----爾(そう)です。

 詐欺生活、詐欺生活、私は自分の云った言葉を良く覚えて居ますーーー私の詐欺生活は、矢張り貴方に引き入れられたのですよと断って置きました。---私は又云いました。私の行いに何の様な詐欺が有っても、私を恨んで下さるなよと。----アア貴方、貴方、大変な事に成りましたよ。私の云った其の言葉が、予言に成りました。其の予言が当たりました。何したら好いでしょう。」

 添子の心に容易ならない恐れを抱いて居ることは、疑う余地も無い。けれどまだ江南には其の意味が分からない。彼は燥々(いらいら)と燥(いら)立って、
 「モッと良く分かる様に云ってお呉れ、何が大変だ。何が、何が。」

 添「彼(あ)の紅宝石(ルビー)が貴方の物にーーー私は爾(そ)う成ろうとは知らず、大変な事を、ーーー大変な事を。」
 江南は耐え兼ねて、荒々しく添子の手を掴み、
 「何うしたと云うのだ。早く、言え、早く、早く。」
と添子の身体を揺すぶった。


次(百七十一)へ

a:108 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花