巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume171

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百七十一) 目録の第三号

 何の恐れ、何の驚き、添子の顔色は殆ど死人の様である。此の顔色に江南の心も驚きと恐れとに満ちた。
 添子の驚き方が、一通りではないので、江南も驚かされて、
 「早く云え、早く、早く、」
 この様に急き立てられ、手を取られ体を揺すぶられて、添子は又も語り続けた。其の声は殆どヒステリーの様にも聞こえる。

 「私は何うか貴方に、お金の都合をして上げたいと、唯其れのみを思って居ました。全体私が網守子の家へ住み込んだのも、其の為でしょう。網守子の財産を何うかして、其れでお金を拵(こしら)えると云うのが、貴方が私を彼の家へ住み込ませた目的で有りました。私は出来るだけ忠実に貴方の指図を守り、立ち聞きもすれば尾行もする。夜中に網守子の寝室(ねま)へ忍び入り、其の寝息を伺ったことさえあるのです。

 貴方、貴方、私の為(し)たことは全く泥棒の所業です。私は何も此の様な淋(さ)もしい真似ををする様には、生まれ附いて居ないのです。其れも是も皆、貴方に引き入れられたのです。貴方、弱いのは女だと申します。私は全く弱かったのです。貴方の為にーーー貴方の為に、---貴方の為に自分の持って生まれた正直な心まで失って了(しま)いました。」

 江南は声荒く、
 「愚痴などは後にして、云う可(べ)き事を早くお云い。」
 添「其れで私は、網守子の引き出しと云う引き出しは悉く開け、書類と云う書類は、鍵のかからない所に有るだけは、悉く偸(ぬす)み読んで、網守子の身の上の事は、知れるだけ良く知りました。

 有る時網守子から、其の紅宝石(ルビー)の事もチラリと聞きましたが、是も根掘り葉掘り、様々に網守子を釣り込んで、終に其の紅宝石(ルビー)は古江田利八の子孫に与えるのだと知りました。けれど其れを受け取る可き古江田利八の子孫が、貴方だと何うして知ることが出来ましょう。私はーーー私はーーー。」

 江「ソレ、又横道に反れる。」
 添「其の後気を附けて居りますと、別に古江田利八の子孫を尋ねて居る様子も見えず、此の向きでは、此の紅宝石は、何時までも誰の物とも為らずに、空しく銀行の倉の内に保管預けと為ったまま、転がって居るだろうと思いました。尤も網守子が銀行へ預けて有るのは、紅宝石ばかりでは無く、私は或る時、銀行の受け取り目録を見ましたが、第一号から第百何十号まで、口数が数え切れない程も有るのです。

 其の内の幾号でしたか、或る時銀行から取り寄せて私に見せましたが、恐らくは朝廷にも無いだろうと云う様な、古代の笹縁(レース)です。一インチ(2.4cm)でも余程の値です。若し其の一袋を手に入れれば、貴方の貧乏も直ぐに消えて了(しま)うのにと、私は羨ましいやら残念やらで、却って網守子を憎らしくも思いましたが、其の時、目録の番号を見て、今云う紅宝石(ルビー)が第三号と記入せられて居ることを知りました。


次(百七十二)へ

a:105 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花