巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume18

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (十八) 長持ちの中は何

 声を潜めなくても、他に聞く人は無いけれど、大切な秘密と思うが為、自然と声が低くなるのである。
 下田の妻「祖母(おばあ)さんの居間と、寝台の背後に在る、二個の空き室を検め成さい。彼(あ)の部屋は、祖母さんが、私の外は誰も入れません。私の夫と云えども、入った事は無い。中に何が在るかは、硬く口止めせられて居て、夫にも話した事は有りません。サア是から独りで検め成さい。」

 網「何も気味の悪いことは無いだろうね。」
 下「貴女が此の家の主人では有りませんか。何で気味の悪いことが有りましょう。彼の部屋に入れば、貴女、御自分が何れ程の大金持ちかと云う事が分かります。」
 大金持ちと云う言葉は、網守子の耳にさえ不愉快では無い。

 「私し其の様な大金持ちなの!」
 下「爾(そう)ですとも。けれど、世間へ知れては、其れから其れと伝わって、何の様な悪人の耳に入るかも知れませんから、誰にも言わない様に成さいよ。」
 網守子は心得て、更に鍵の用い方など教えられ、独り其の部屋の中に入った。

 部屋は大きなのが二個(ふたつ)並び、壁に添って戸棚が三十個続いて居る。窓は丁度崖の上に当たり、外から覗うことは出来ない。其の上に、外には鉄の棒を列ね、中には幕を張るなど、堅個に用心が届いて居る。
 先ず第一の戸棚を開いて見ると、古い刀や槍の穂先などは、幾十と数知れないほど並んで居る。

 「オヤオヤ此の様な品の有るのを、金持ちと云うのだろうか。」
とも怪やしんだが、若し愛玩家に見せたならば、必ず古代の珍品として、刀の一個にも、余程の値を付けるであろう。続いて第五の戸棚までは、総て武器の類である。第六から第十五までは、皿、鉢、燭台などの道具類、銅製もある、銀製もある。銀製だけは、網守子の心にも、貴重な品であろうと合点せられた。中でも銀の小箱や匙などは、幾分の嬉しさを催させた。

 第十六第十七には古代のレースが満ちている。是こそは、女王も羨む程の貴重品で、一吋(インチ)幾らの値を付けるべきものである。第十八、第十九は古代の織物、第二十より第二十五までは絵画の類、第二十六より第二十九までは、網守子の目には単に雅楽多としか見えない、瓦、磁器(瀬戸物)、大小の古時計、石像、銅像、経机など、その他種々である。

 是だけの古器物が、博物館では無い一個人の家に集められて居るのは、殆ど稀だ。確かに巨万の富であるけれど、網守子は少し張り合いの無い心持で、最後の第三十の戸を開いた。中には頑丈な長持ちが二個(ふたつ)入っている。蓋を開けると帆木綿(ヅック)の袋が口を縛られて、沢山に詰め込まれて有る。袋の中には、硬い物が一杯に入って居るらしい。

 其の中の一個を取り出すと妙に重い。
 何だろう。


次(十九)へ

a:106 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花