巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume182

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百八十二) 人物が危険です

 
 唯一つの小さい額だけれど、江南の目に映ずると共に、彼れの心には宛(あたか)も電光の如く様々の思いが閃めいた。
 彼は先頃の変装旅行を、誰にも見現される恐れが無いと確信して居るけれど、唯一つ、路田梨英に其の付け髯の顔を写し取られたこと丈が、何だか気掛かりである。

 其れが為に彼は、梨英の手から其の下絵を奪おうとしたけれど、目的を達することが出来なかった。其れでもまだ、何とか梨英を騙して奪い取らなければ為らないと、窃(ひそ)かに決心はして居たけれど、先日来の失望事件の為め、其れ迄は手が廻らなかった。其れが今下絵の儘(まま)で、谷川の手に廻り、既に額縁の中に入れられ、此の部屋に掲げられて有るとは、何と云う危険な次第で有ろう。と云ってもう奪い取る見込みは絶対に無かった。

 其れに又、梨英と谷川と、何の近音(ちかづき)も無い筈なのに、是で見ると何等かの交際が有るとしか思われない。
 江南はアタフタと悶えた。寧(いっ)そ知らない顔で立ち去ろうかとも思ったけれど、何とか此の絵の効力を揉み消して置き度い。彼は咄嗟の間に思案を定め、非常に軽い調子で、

 「オオ、先生、貴方は私の弟子の書いた絵まで鑑賞して下さると見えますね。」
 谷「オオ、是を書いた路田梨英は君の弟子か。」
 江「ハイ、随分彼には教え込みましたけれど、弟子を取るなどと云うと、我も我もと所望者が出来ますので、世間へは堅く秘してあります。

 谷「僕は初めて此の人の絵を見たとき、君も知っての通り、網守嬢の部屋で人と争ったが、弟子にしては殆ど師匠を凌駕するほど旨(うま)いじゃないか。」
 江南は大胆に爾(そ)うです。珍しい天才だと見込んで私も教授しましたが、少し人物が危険ですから、今では余り近づけない様にして居ます。」

 谷「人物が危険?」
 江「爾(そ)うですよ。殆ど狂人にも近い程の妄想家で、時々飛んでも無い事を云ったり、飛んでも無い事をするのです。既に此の下絵なども、私に見せて、是は君の肖像だなどと云うのです。」
 谷「爾う爾う。僕にも其の様な事を云って、僕も実は半信半疑で居たたが!」

 紅「其れは斯(こ)うなんです。彼が何所からか倫敦(ロンドン)へ来る汽車の中で、此の下絵を書き揚げた所へ、偶然私が乗り込んだ者ですから、彼は私の顔を見ると同時に、例の妄想狂がフラフラと起こって、是は君の顔だよなどと云うのです。したが先生は何して彼と御懇意です。」

 谷川は少し考へ、
 「今は云う可(べ)き時期では無いけれど、君へ云うのは構わない。此の梨英は君の遠い従兄弟だよ。」
 江南は知って居るけれど、谷川が其れを知って居るのに驚き、
 「エ、其の様な事は無いでしょう。其れも又、例の妄想では有りませんかね。」
と白ばっくれて問返した。


次(百八十三)へ

a:89 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花