巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume183

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

        (百八十三) 呆れた度胸

 
 江南が路田梨英を、妄想の狂人であるの、危険な人物であるのと云うのは、不埒(ふらち)《けしからぬこと》とも横着《ずうずうしい》とも譬(たと)え様の無い悪口であるけれど、自分の為には止むを得ない次第で、実に巧妙な駆け引きである。

 谷川が何れほどまで之を信じるかは、分からないけれど、全く悪口とも思わないのか、深い聞き咎めもせず、
 「ナニ、君の従弟であることは、真逆(まさか)に妄想では無いだろうと思う。事に由ると今、君が辞した紅宝石(ルビー)が此の梨英へ転がり込むかも知れない。」

 江南は益々驚かざるを得ない。ヨシヤ梨英が紅宝石を受け取ることに運ぶとしても、無論其れは、数年か数十年かの後であろうと思って居た。イヤ、幾年経た後とかさえ、其の様な運びには成るまいと思って居たのに、何だか遠からず其の運びに成り相に思われる。

 其の上に贋髯を付けた自分の肖像まで、茲(ここ)に在ることを思い合わせると、自分の前途が思ったよりか暗黒だ。此の様な場合には、手探りのまま余り深入りするよりは、浅っさりと切揚げて、其の上で篤(とく)《じっくり》と考え、事の成り行きに注意するのが安全で有ろうと思い直し、彼はせせら笑って、

 「路田梨英が私の従弟で有ると云おうと、私は驚きません。彼の事ですから、他日或いは、私の父だとまで云うかも知れませんよ。」
と軽く紛らわせた。

 谷「孰(いず)れにしても、此の事の成り行きは、時々君に知らせる事にしよう。今は君が紅宝石を辞退したからと言って、若し古江田利八の第二女の血筋が、充分に証明せられない場合には、再び君の紅宝石(ルビー)が元の君へ帰らないとも限らないから。」

 江南は是に少し安心した。此の後の成り行きが、其の時々に分かれば、又其れ相応の駆け引きが有ろうと思い、何気なく別れを告げて去った。
 彼は家に帰って後、更に様々に考えたが、第一梨英が紅宝石を受け取ったとする。其の時、梨英が其れを売り払うに当たり、贋物(にせもの)と分かったならば、梨英がこの私と同様に失望するから、是は寧ろ面白い。

 第二に紅宝石が梨英の手に渡らないうちに贋物と分かったならば、其の時は谷川が驚くだろう。驚いたとしても、己の金庫の中に保管して在るのだから、誰の所為と疑う筋は立た無い。人の善い谷川が驚くのは、少し気の毒であるけれど、此の身に関係が無いから其れは構わない。

 第三に添子の所為と分かったとする。イヤ是は金輪際分かる筈が無い。第四に戸籍原簿切り取りの一条は、是が一番の危険だけれど、良く考えれば、梨英の写した肖像ぐらいが、何の証拠にも成る筈が無い。驚きも恐れもしたけれど、ナニ爾(さ)ほどの事では無い。たとえ事が難しく成った所で、何とか切り抜ける工夫も有るだろうと、漸(ようや)く悪人の度胸を据えることが出来たのは、全く呆(あきれ)れた者である。


次(百八十四)へ

a:97 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花