巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume187

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百八十七) ワルシー市?

 
 何の為に筆捨(ペンブローク)市から警吏が来たのか、又何の目的で此の様な事を問うのか、谷川は少しも知らない。又知る筈も無い。警吏は又問うた。
 「其の依頼者の利益と言うのは何の様な利益ですか。」
 谷川は此の語気で、無論犯罪の詮索で有ろうと思った。けれど先方が秘密と断って尋ねるのを、問返すのは好く無いと思い、自分からは何も問わずに、唯先の問う儘(まま)の事実を有体に答えた。

 警吏は聞き終わって手帳を開き、更に念を押す様に問い返しつつ要点を書き留めた。
 「では路田梨英へ六十萬円以上の財産が。」
 谷「爾(そう)です。」
 警「法律上の遺産では無いけれど、矢張り先祖の遺した物が、彼へ回復せられる?」
 谷「爾です。」

 警「彼の戸籍の登記を見れば直ぐに引き渡す?」
 谷「左様」
 警「彼は数年前から、其の品の有ることを知って居たけれど、唯自分が、其の古江田利八の血筋であることを、此のごろ迄知らなかった。」
 谷「爾です。」

 警「彼は筆捨市の登記所で自分の戸籍を見て、初めて祖母梅子が、其の利八の二女で!」
 谷「ハイ確かワルシー市から嫁入って来た様に言いました。」
 警吏は忽(たちま)ち聞き咎め、
 「エ、ワルシー市から?ワルシー市から?」

 谷「確か爾(そ)う云ったと記憶しますが。是は無論戸籍に登記されて有りましょう。」
 警「シテ其の路田梨英は今何所に住んで居ます?」
 谷川は是をも明確に答えた末、
 「シタが路田梨英に何か嫌疑でも有りますか。」

 警吏は少し慌てて、
 「イイエ、其の様な訳では有りません。」
と云い、更に気が済まないのか、
 「谷川さん、私は貴方にさえも、事の理由をお話しする自由を、持ちません。」
 谷「御尤(もっと)も、きっと職業上の秘密でしょう。ですが貴方は、其の財産を私が路田梨英に引き渡すことを、暫く待てとでも云うのですか。」

 警「イイエ、爾(そ)うは云いません。其れは貴方の御自由で、私の知る事では無いのです。」
 扨(さ)ては、何も路田梨英に疑いの係る様な事柄では無いと、谷川は思った。実は斯(こ)う思わせる様に、警吏が仕向けたのであった。

 間も無く警吏は礼を述べて立ち去ったが、数刻の後、彼は倫敦(ロンドン)の警察の捕吏二名を借り受け、其れを引き連れて路田梨英の画室に行った。彼は先刻谷川に対し、直接に路田梨英に関係する事柄では無い様に、仄めかしたけれど、実は関係が有ると見える。

 頓(やが)て外から画室の戸を叩くと、戸には錠が卸りていて、中から何の返事も無い。捕吏の一人は巧みに錠を開き、三人一緒に部屋の中に入った。中には書き上げた大きな絵が、白布に蔽われて窓の際に在る外、何にも無い。警吏は白布を取り退けて画面を見、柄に無く、
 「巧い絵だなア」
と驚嘆した。


次(百八十八)へ

a:98 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花