巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume19

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

              (十九) 実に大身代

 網守子は、怪しみながら帆木綿(ズック)の袋を取り出し、家の中央に在る卓子(テーブル)の上に載せて、其の縛られた口を解いたが、是には驚かざるを得なかった。
 袋に詰め込まれてあるのは、昔の金貨である。網守子は、何だか恐ろしい様に唯眺めているばかりだったが、暫くして、
 「オオ金貨!」
と云い、一枚を取り出して、熟々(つくづく)見た。

 「先ア!本当の金貨だよ。」
全く本当の金貨である。初めて網守子は、成るほど自分が大金持ちになったと云う様に感じ、胸に動悸の波が打ち始めた。
 「何うしよう?私何うしよう?」
と宛(あたか)も途方に呉れる様に呟いたが、漸(ようや)くにして、
 「アア数えて見よう。」
と云う様な気になった。

 一枚一枚に取り出して、テーブルの上に置いた。成るべく音のしない様にと、ソッと取扱うけれど、黄金の音は他のものと比較にならない。何と無く胸の隙(す)くような響きがある。若し網守子が普通の知識を持って居るならば、此の金貨が、ジョージ一世王の時代から、同じく二世王、同じく三世王の時代を経て、千八百十六年までに鋳造せられたのが、種々に雑(ま)じって居ることを知り、従って自分の先祖が、長期戦と云われる、大陸との戦争の時に、最も多く儲けた事などを、察する事が出来たで有ろう。

 勿論、其の様な事までは知ら無い。けれど此の金貨が、ギニーであることは知っている。ギニーは、昔の十円金貨で、今の金貨よりは幾分か相場が高い。但し中には、其の後に鋳られた十円金貨も幾枚か混じて居る。
 数え終わると五百枚ある。又次の袋を検めた。是も同じく五百枚、後は五百枚宛(づつ)総ての袋に入って居る。袋は多分祖母さんが作り替えた者であろう。孰(いず)れも大して古くは無い。

 袋、又袋と取り出し、長持ちの中が空になった。袋の数は四十である。網守子は暗算して見た。一袋に五千円、四十袋で・・・二十万円(約2億500万円)、成るほど大金持ちである。是ほどとは思わなかった。
 更に次の長持ちを開いた。是にも同じ様に同じ袋が、同じ金貨を孕んで居る。是も二十万円ある筈である。合わせて四十万円(現在の4億1千万円)、実に大身代(大財産)である。

 此の第二の長持ちには、袋の一番上に、古い鰐革の嚢が載って居た。アア是である。祖母さんが、古江田利八に返せと云ったのはーーー。袋には、首に掛ける様に紐が付いて居る。成るほど、祖母さんの話の通り、海から打ち上げられた旅人が、後生大事に、自分の首に掛け、海に溺れる際までも、抱き〆た物であろう。

 「私は是を、祖母さんの言葉通りに、古江田利八と云う人に返さなければならない。」
と呟(つぶや)いたが、其の人が何処に居るかは、勿論知る由も無い。

注;大正2年の1円の価値・・・現在の1027円

次(二十)へ

a:104 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花