巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume190

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

        (百九十) 恋人の直覚

 「梨英が来ました。梨英が来ました。」
と網守子の叫ぶのを聞き、
 小笛「貴女には乗って居る方の顔までも分かりますか。」
 網「顔までは分かりませんけれど、梨英です。那(あ)の船は、此の島へ来る水路ですが、梨英の外に此の島へ来る人は有りません。速達船はもう先刻来ましたから、梨英が特別に舟を雇ったのです。

 全く極まって居る様に言い切るのは、恋人の直覚と云う者であろうか。小笛は半信半疑の様で、
 「爾(そ)うでしょうか。」
 網「爾ですよ。此方(こちら)からも舟を出して途中まで迎えにでましょう。」
と言い、早や小笛の手を取って、走る様に山を下った。

 小笛は寒気の為に気が進まないけれど、引き摺られる様に随(つい)て行った。
 やがて水際まで降りると、「子供」と云われる例の老僕波太郎が居たので、
 網「早く舟を出してお呉れ。」
 波「嬢様、何所へ行くだよ。」

 網「母島から今来る舟が有るから、途中まで迎えに。」
 波「来る舟なら茲(ここ)に居さっしゃれ。」
成るほど理屈である、網守子は直ぐ自分の手で舟を出し、小笛を急(せか)してヒラリと乗った。波太郎も渋々乗って櫂を取った。
 此の時までも小笛は、果たして梨英だろうかと疑っていたが、頓(やが)て漕ぎ出でて、島の角を曲がると、向こうからの船に逢った。

 「オオ梨英!」
 「オオ網守子(あもりこ)」
と互いに懐かしい声が波の上で交換せられた。
 舟と舟とは舳(へさき)を並べ、舫(もやい)合った《舟と舟を一つに繋ぐ》様になって此方(こちら)へ漕いだが、梨英は網守子の外にまるで他の人が居ないかの様に、網守子も梨英より外の人は、目に入らないかのように、互いに舟と舟とで問い答えた。

 梨英は上陸して下田夫妻にも歓迎せられ、先に来た時、自分の居間の様にした其の部屋へ通されて、僅かばかりの荷物を卸した。彼は、此の前に網守子に逢った時の、乞食の様な有様とは違う。立派とは行かないけれど、新しい衣服に紳士の体面を整えて居る。全く谷川弁護士から受け取った、三百円の画料が彼を助けたのである。

 梨英は宛も、第二の故郷へ還(かえ)った様に感じて、自分と由緒のあった木の根、岩角などまでも見廻ったが、午後に及んで又も海へ乗り出だそうと云う相談が極まった。思えば此の海が梨英の身の運を支配した様な者で、彼の絵までも大抵は此の海から来ている程なので、海を慕うのも無理は無い。

 無論小笛も誘われたけれど、小笛は全く風邪の心気である為、辞して自分の部屋に引き籠った。舟は波太郎に漕がせ、外に二挺の櫂を載せ、急ぐ所は三人で漕ぐ用意をして外に出たが、実は波は極めて平らかな日で、その様な用意などは要らなかった。


次(百八九十一)へ

a:99 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花