巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume191

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百九十一) 岩の陰の両人(りょうにん)

 
 舟の上の両人(ふたり)は、殆ど波の音が絶えないのと同じ様に、話の声を断たなかった。
 網「貴方は、次の展覧へ出す絵を、書き揚げて来たでしょう。捨部竹里からの手紙に傑作だと有りました。」
 梨「一応は書き揚げたけれど、余り夢中に成り過ぎた為め、心も眼も其の絵に酔って了(しま)った様に成り、幾等見直しても、佳(よ)いか悪いか自分には分かりません。

 この様な時には、幾日か間を置いて、自分の心の余温(ほとぼり)の冷めた頃に見直せば、佳い所も否(わるい)所も良く分かります。其の上で否(わる)い所は又直します。丁度余温の冷める間、身体が暇だと思って居る所へ、不意の用事が出来た為、来たのです。」

 網「オヤ用事?私に逢うより外に、別の用事が出来たの?」
 梨「イヤ矢張り貴女に逢う用事だけれど・・・・・。」
 網「何か心配な事では有りませんか。」
 梨英は漕いで居る波太郎の方を見た。
 網「此の島には秘密は有りませんよ。波太郎が居たって介意(かま)いません。其の用事を聞かせて下さい。」

 其れでも梨英は言わなかった。
 舟は、島から島と漕ぎ廻ったが、孰(いず)れの島も、曾(かつ)て梨英の画心を養った縁故(えんこ)が有るので、梨英の心は、春の風に解ける氷の様に解けて行った。其の中に、由緒の最も深い岩又岩の小島へ着いたので、両人は曾て幾度も上陸した様に、舟に波太郎を残して、其の岩の島に上がった。

 岩の陰は、両人が終日話暮らした記憶の、まだ鮮やかな所である。
 「此の岩の陰へ来ると、私は五年前ーーイヤもう六年前ですねえ、那(あ)の時の様な子供の心持に成ります。」
と言って、岩の平な所へ腰を卸せば、梨英も其の前に腰を卸した。

 梨「私の用事と云うのは、実に意外な事ですよ。貴女が以前から尋ねて居る、古江田利八の子孫が・・・・・。」
 網守子は一層聞き耳を欹(そばた)てた。
 梨「ーーーーもしや、谷川弁護士から云っては来ませんか。」
 網「色々報告が有りましたけれど、貴方に関する様な事は何にも。」

 梨「其の利八の子孫が私です。私が古江田利八の、最も血筋の近い曽孫だとは、実に不思議では有りませんか。」
 網守子は驚きと喜びと一時に来た様に、殆ど飛び立たん許りに、手を打ち、
 「アア爾(そう)でした。爾でした。全く貴方が古江田利八の子孫です。私は何だって、那(あ)の時に爾(そ)うと気が附かなかったのでしょう。五年も六年も爾(そ)うと知らずに捜しました。それ、ね、私の祖母(おばあ)さんが、貴方を利八さん、利八さんと呼び、良く帰って来て下さったと喜んだでしょう。

 祖母さんは決して間違った事を云わない人でした。貴方です。貴方です。貴方が古江田利八の子孫で、利八に生き写しである為め、祖母さんが爾う思ったのです。」
 手を尽くしての取り調べよりも、網守子の直覚が確実だ。


次(百八九十二)へ

a:110 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花