巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume198

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百九十八) 谷川は眉を顰めて

 
 入って来た警吏は、宛(あたか)も何方(どっち)が何方であるかと迷う様に、梨英と竹里とを見比べて居たが、竹里の方が幾らか梨英よりも人相の悪い所でも有ったのか、頓(やが)て竹里の前に立って、
 「路田梨英と云うのは貴方ですか。」

 竹里は呆れた様に警吏の顔を見て、
 「違いますよ。」
 そうと見て梨英は直ぐに、
 「私が路田梨英です。」
とて警吏の前に出た。警吏は何気無い言葉で、
 「少しお尋ねしたい事が有りますので、警察まで御同道を願い度い。」

 梨英は全く当惑に感じた。時も有ろうに、様々な用事を控えて居る今の場合に、
 「今は甚(はなは)だ困りますが。ここで御用の次第を。」
 警吏は少し厳かに、
 「そうは行きません。」
 梨「でも私は、色々急ぎの用事を控えて居まして。」

 警吏は是でも合点が行かないかと云うように、圧迫する調子と為り、
 「私は故々(わざわざ)筆捨市から出張しました。」
 梨「何所から出張成さっても、今はお断りです。其れともーーー。」
 警「其れともーーー。」
 梨「其れとも逮捕でもせられるなら、止むを得ませんけれど。」

 警「では逮捕します。私は逮捕状を持って居ます。」
と言って何やら紙切れを示した。
 驚いたのは捨部竹里である。彼は梨英の為に、警吏へ何事か言おうかと思ったけれど、余り火急の事である為め、何と言って好いか分からない。漸く心を鎮め得た頃、早や梨英は引き立てられて、階段を下りつつある。

 「路田君、路田君、何か僕へ言い置く事は無いか。」
と言いながら後を追った。
 梨英は振り向きもしない。漸く此の家の戸口まで出で、梨英が待っている馬車へ載せられる所へ追い付き、
 「君、心配するな。」

 梨英は、平気の顔で、
 「何の心配することが有る者か。何かの間違いに決まって居るから、僕は直ぐに帰って来る。」
と言った。勿論、身に覚えの無い者は、恐れを抱きはしない。けれど果たして、直ぐに帰って来る事が出来るか否や。其れは疑問だ。

 竹里は暫(しば)し茫然として居たが、漸く我に帰った様で、梨英の画室へ引き返し、画へは元の通りに白布を掛け、更に戸に錠を卸して置こうとしたけれど、鍵を梨英が持ったままに行ったのか、見当たらない。仕方無く又階下に降り、部屋番の女に幾らかの金を与えて、特別注意を頼んでここを出た。誠に持つべき者は友人である。

 此の後は、何うしようかと彼は又考えたが、兎も角も谷川弁護士に相談する外は無いと、直ぐに谷川の事務所に行くと、谷川が居合わせたので、事の次第を詳しく話した。谷川は勿論意外の事なので、
 「ハテな、其れは捨て置かれない。」
と眉を顰(ひそ)めた。


次(百九十九)へ

a:100 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花