巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume2

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
      

          (二) 沖へ沖へ

  帆も櫂(かい)も無い小舟に乗り、沖へ沖へと吹き流される彼の両人(ふたり)は何者であろう。多分は他の土地から見物に来た旅客で、此の海上の危険極まることを知らないのであろう。

 如何に浪風穏やかな日と雖も、引き汐の折には島と島との間に幾ケ所も早瀬が有り、大なる渦が有り、無数の暗礁が有り、生きて帰ることの出来ない難場が数え切れない程である。少し風が出れば岩と岩の間の浪が、打ち合い叩き合い、今見る様な小舟は瞬く間に覆(くつが)えされ、岩の牙に砕かれる。

 土地の人と雖も折々は難船破船、溺死等の禍いを免れないのに、今は彼等二人が其の様な難場へ持って行かれつつある。
 遥かに彼等の様を見る網守子の眼は、幼い頃から海上の眺めに慣れ、殆ど望遠鏡の様に良く見える。小舟は入残る夕日を浴びて一マイル(約1.8km)ほどの沖合に在るが、中に居る二人は悶(もが)いて居る様子も無い。

 「早く助けなければ。」
と網守子は叫び、岩から走り降りて家の横手に行き、
 「子供!子供!」
と呼んだ。
 「何だよ、嬢様」
と問返しながら現れたのは、頭に白髪の交じった五十余歳の例の「子供」である。彼は網守子に引かれて行き、岩の上から彼の小舟を眺めて、

 「フム、都から来た旅人だろうよ、馬鹿な、舟一隻台無しにして了(しま)うわ。」
 彼には人命より舟が貴いのか、彼は無言で、のそのそと海の方へ降りて行く。
 彼より先に網守子が水際に降り、繋(つな)いである舟を解き、軽くひらりと飛び乗って、櫂(かい)や帆や綱や燈火(あかり)の用意をする。

 頓(やが)て「子供」は、宛(あたか)も自分が主人である様に、用意の出来た舟へ無言で乗り、無言で帆を揚げた。彼は無言であるけれど何も彼も分かって、間違いの無い男である。
 「サア櫂を」
と言って網守子が一挺は自分で漕ぎ、一挺を差し出すと、
 「櫂に及ばぬ。帆の無い舟より帆を揚げた舟が早いわよ。」
と落ち着いたものである。

 網守子「でも人の命が危ないのに」
 彼「今から躁(あせ)って、身体を疲れさせては、卆(おえ)ねいだよ。帰りは汐も風も逆だからよ。」
 動ぜざること山の如しとも云い度い。

 彼は流れ行く小舟を見遣り、
 「アア、隣島の甚太が舟だ。奴め欲張って旅人に舟を貸すから。今より十七年前にも一艘砕かれてしまった。」
 網守子「其の時に乗って居た人は」
 彼「其の時は三人だったが三人とも綺麗に死んだわよ。」

 先の舟は、地獄の瀬戸と呼ばれる大難場の方へ、益々接近する。此の辺りは、もう潮の流れが余ほど激しい。此方(こちら)の舟も大いに接近したけれど、日が入り果てて、少し見分け難くなった。其の中に彼等も身の危険に気付き、慌(あわ)ただしく悶(もが)き始めたと思われたが、暫くすると黒い波の畝の彼方から、
 「助けて!助けて!」
との声が聞こえた。




次(三)へ

a:148 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花