巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume204

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四) 反対の証拠
 
  蛭田江南がワルシー市へ行ったことが分かった以上は、もう証拠が悉(ことごと)く揃った様に網守子は確信した。
 けれど、元来谷川は今までの何事にも分かって居る通り、想像を以て事を判するのが、嫌いな気質である。彼の信用も此の気質から来て居るけれど、此の度の様な事柄には、却(かえ)って大事を取り過ぎる。

 火の附く様な網守子の言葉に対し、彼は宛(あたか)も水を注ぐ態度で、
 「ワルシー市へ行った丈で、何で犯罪の疑いを掛けられましょう。蛭田江南には却って反対の有力な証拠が有ります。」
 網守子は皆まで聞かぬ。

 「イイエ、私は何も彼も知って居ます。江南は古江田利八の三女竹子と云う者の孫です。其れだから第二女梅子の孫に当たる、路田梨英の権利を奪う為に、ワルシー市から筆捨市まで行き、梅子の戸籍を切り取ったに違い無いのです。」
 谷「オオ貴女は中々良く御存知です。其の様な戸籍関係を何して。」

 網「路田梨英に聞きました。」
 谷「戸籍関係は全く其の通りです。けれど嬢さん、蛭田江南は一旦、私の間違いであの紅宝石(ルビー)を自分の物にしたのですよ。」
 網「ハイ、其の事も聞きました。」

 谷「其れだのに自分の方から言って出ました。自分は第二女の孫で無く、第三女の孫であるあから、宝を受ける事は出来ないと。何(ど)うです、実に立派な心では有りませんか。一旦受けた者を自分から正直に辞するとは、私は此の一事で、深く彼を信じ、今の世に珍しい正直者だと思います。」

 谷川をこれほどまで迷わせた所を見ると、江南が、早く紅宝石を引き取れと言う、添子の言葉を退けて、反対に辞退したのは、実に巧妙な駆け引きであった。若し添子の言う通り引き取って居たならば、今頃は彼の方が獄裏の人と為って居よう。」

 谷川は更に語を継ぎ、
 「自分から辞退する様な心で、人の戸籍を切り取るなどとは、決して有り得ない次第です。」
 明白な此の言い開きにも、網守子は、少しも怯(ひる)まない。
 「蛭田江南を正直などと、エエ悔しい、悔しい、貴方は江南が何れほど悪人かと言うことを御存知無いのです。」

 谷「私の目にには悪人も善人も無い。唯事実が有るばかりです。江南が人の戸籍を切り取る程なら、何で一旦自分の手に入った宝を返しますか。」
 此の問いには流石に返事の仕様が無い。網守子は腹立たしそうに、
 「貴方は江南の肩を持ちます。貴方のお言葉を聞いて居ると、私は腹が立ちます。もう貴方にはお頼みしません。私は自分で江南を攻めて白状させます。」
と言い、早や小笛の手を取って立ち上がった。谷川は持て余したと言う様な顔で、敢(あ)えて止め様ともしない。


次(二百五)へ

a:97 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花