巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume207

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.26

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百七) 寧ろ歓迎する調子

 添子は曾(かつ)て網守子から、初めて紅宝石(ルビー)の受取人が分かったと聞いた時、即座に気絶した。彼女は悪人であるけれど、度胸の据わった悪人では無い。言わば大家の令嬢が、事情の為に止むを得ず悪人と為ったので、知恵は余るほど有るけれども、勇気は足りないのである。

 網守子は直ぐに添子の前に立ち、
 「初鳥夫人、蛭田江南は留守ですか。」
と問い、更に思い出した様に、
 「オオ貴女は初鳥と言うのでは無いのですねえ。私を欺いていたのですね。」

 網守子は敢えて責めるのでは無いけれど、少しも遠慮しない調子である。添子は恐れと、極まり悪さが一緒と成り、小さい声で、
 「誠に済みませんでした。実は親類の遺言に妨げられまして。。。」
と、幾度も用い古した弁解を持ち出した。

 網「ナニ其の様な言い訳など聞くに及びません、貴女を何と呼べば好いのですか。蛭田夫人と言うのですか。」
 添「ハイ」
 網「蛭田夫人、貴女の夫はお留守ですか。」
 扨(さ)ては自分へ用事では無く、江南へ用事が有って来たのかと添子は聊(いささ)《少し》か落ち着いた。

 「ハイ先刻、外へ出ましたが、御用事ならば私が伺って置きましょう。」
 網「イイエ、直々お目に掛からなければ成らない用事です。お帰りを待ちましょう。」
 何の用事だか分からないけれど、容易ならない剣幕なので、決して嬉しい事柄では無いと思った。

 出来る事なら追い払い度い程にも思いつつ、
 「帰りの程は分かりませんが。」
 網「遅くても介意(かま)いません。待って居ます。」
 都の貴婦人ならば、決して此の様な無遠慮なことは言わない。けれど添子は、良く網守子の気質を知って居る。一旦斯(こ)うと言い出しては、中々後へ引くもので無い。

 「オヤオヤ」
と心の底で持て余しつつも、仕方なく椅子に請じ、小笛にも挨拶した。
 けれど江南の帰りは思ったよりも早かった。網守子が腰を卸すと間も無く、外に足音がして、入口の戸が開き、彼の立派な姿が部屋の中に歩み入った。彼は怖気(おじけ)の満ちた添子とは全く違い、網守子と小笛の姿を見て、

 「ヤア是は珍客?」
と寧ろ歓迎する様な調子で、更に
 「何の仕合せで、貴女のお出に預かったのでしょう。」
と微笑(ほほえ)むのは、今に初まったことでは無い、彼の厚皮(あつかま)しさで有ろう。 

 彼は先頃、折角手に入れた百万円の大財産が、自分の妻に盗まれた糟(かす)であると分かった時、発狂するばかりに失望し、怒り、泣きもしたけれど、谷川へ辞退の旨を申し出て後は、日々に其の痛みも忘れ、其れに其の事以前は、添子が君主で自分が奴隷であったのが、其の事の為、添子の方が奴隷の如く小さくなってしまったので、全く一家の大将に成り済まし、万事にのびのびとして居る。


次(二百八)へ

a:102 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花