巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume209

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百九) 立来たって和(やわら)かに

 
 「探偵の下働き」とは実に、骨を刺す様な嘲(あざけ)りである。網守子は声を張り上げ、
 「探偵の下働きでは有りません。私は路田梨英の為に貴方を攻めるのです。貴方の仕た事の為に、梨英が疑いを受けて牢に入りました。貴方は御自分の罪を白状せずに済みますか。罪の無い人を、御自分の身代わりにするのですか。」

 梨英が捕らわれて居るとは、江南の初めて聞く所である。彼は聊(いささ)か驚きつつも、
 「路田梨英の為にですか。貴方は大層御親切ですねえ。」
 網「梨英は私の夫です。許嫁です。」
 江南は又笑って、

 「ハハ、牢へ入れば此の後は、もう前科者と云われますが。前科者の妻に探偵の下働きは、釣り合うかも知れません。」
 彼は飽くまでも怒らせて、心の筋道を混乱させる積りと見える。大抵の争いには先に怒った方が、心が暗み、言葉の筋道も紊(みだ)れて、言い負ける者である。

 先程から色々に怪しみつつ聞いて居た添子は、ここまで聞いて、確かに之は、網守子の思い違いであると信じた。自分の夫江南に、種々の不正の有ることは知って居るけれど、人の戸籍を何う斯(こ)うするなど云うことは、自分の知って居る範囲には無い。

 凡そ江南の悪事で、薄々ながらも、自分の感附かない種類は無い筈であるから、立ち来たって、和かに網守子の肩に手を置き、
 「嬢様、何か貴女のお思い違いでは有りませんか。証拠の無い事柄を余り強く仰るのは、お為に成らないと思いますが。」

 網守子は断固として、
 「イエ思い違いでは有りません。蛭田さんは先ごろ、谷川弁護士から、鰐革の嚢(ふくろ)に入れた紅宝石(ルビー)を引き渡すと言われました。紅宝石(ルビー)の一語には添子は悸(びく)りとした。あの紅宝石は古江田利八の第二女の孫が受け取る筈です。」

 添子は早や薄い氷の上を歩む様な心地しつつも、
 「爾(そう)です。爾です。」
 網「所が蛭田さんは第二女の孫で無く、第三女の孫です。」
 添子は此の秘密を今聞くのが初めてである。
 「違います。違います。江南は第二女竹子の孫ですよ。ねえ貴方。」
と江南の顔を見た。江南は無言である。

 網「イイエ、其の竹子は三女です。其れだから蛭田さんは自分が受け取って成らないのを、谷川弁護士の間違いを幸いに、受け取ると言う欲心を起こし、本当の第二女梅子と言う者の戸籍を消して了(しま)う気に成りました。其れが為に窃(ひそ)かにワルシー市へ行き、ワルシー市から筆捨市へ廻り、双方の登記所で戸籍の原簿を切り取りました。爾(そう)して知らぬ顔で帰って来ました。」

 成るほど、あの江南が、地方へ怪しい旅行をしたと添子は思い出した。日頃から少しも自分の夫を信じないだけに、思い出すと同時にハッと思った。


次(二百十)へ

a:108 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花