巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume21

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (二十一) 針の穴を通る駱駝(らくだ)

 世の中に金が欲しい、金が欲しい、と云って居る人は何万人あろう。其の欲しがる人へは金が来ずに、欲しがらぬ網守子の様な者へ金が来る。多分金と云う御方は、余り使いたがる人を悪(にく)むと見える。
 網守子は、八十の帆木綿(ズック)の袋も、一個の鰐革の嚢(ふくろ)も、すべて元の通り納めて部屋を出た。

 部屋の外には下田の妻が待って居て、相変わらず潜めた声で、
 「すべて見ましたか。」
 網守子も小声で、
  「見たよ。」
 下「大層な財産でしょう。」
 網「大層な財産ねえ。」
 けれど網守子は、又心配そうに問うた。

 「此の様な大きな財産を持って居るのは、好いことだらうか。若しや悪い事では無からうか。」
 下田の妻は、極めて気の小さい信心者である。是も心配そうに考えながら、
 「余り好い事では無いかも知れません。此の様な財産でも、昔から、この家には吉事が有りませんもの。其れに聖書には、富める者の天国に入るは、駱駝が、針の穴を通るよりも、難しいと有ります。貴女は、余ほど身持ちを美しくしなければ可(い)けませんよ。」

 網守子は深く感じ、
 「そうねえ。私の様な何も知ら無い女には、此の大財産は不相応だわ。捨てようかねえ。私天国へ行かれないわ。」
 下「捨てるのは勿体ない。却って罰が当たります。富める者が天国へ行くのは、難しいと有るけれど、行かれ無いことは有りません。財産相応に身持ちを美しくすれば・・・。」

 網「アア私しキッと身持ちを美しくするよ。」
 此の羨むべき問答の後に、網守子は独りで、毎(いつ)も路田梨英の居る都の空を、眺めに行く、後の小山に登って、ここで様々に考え廻した。

 何にしても、此の身は、財産に相応しない無教育である。今の財産は、貴婦人が持つべきで、此の身は貴婦人では無い。貴婦人の前へ出れば、物を云う事さえ知ら無い。余りに残念である。
 此の様に考えて、忽ち又合点が行った様に思った。アア其れ故に、梨英が此の島へ再び来無いのである。貴婦人をのみ見て居る梨英の目には、此の身は、何れほどか劣った者と見えたであろう。其れが為に、梨英は私に、二度と逢うことが無いだろう、などと云ったのである。

 梨英の逗留中の言葉を思い廻すと、一々思い当たることばかりである。彼は、親切に私を教育して呉れる心であった。其れが為に様々の事を語り、果ては私を泣かせさえした。其れでも、私が何事も良く出来ない為、終に見限ったのであろう。
 網守子は、自ら恥ずかしさに、堪(た)えられないかの様に、両の頬を赤くしたが、やがて跳ね返される様に立ち上がって、

 「アア私だって、立派な婦人に成れないことは無い。此の財産を持って、是から都へ行って、教育を受ければ好い。」
と終に一念を固めて、此の島を出ることになった。


次(二十二)へ

a:122 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花