巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume211

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.30

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百十一) 呆れる筈

 添子は呆れるはずだ。今が今まで、江南を第二女の孫とのみ思って居た。第二女の孫で無ければ、私よりも江南の方が、あの紅宝石(ルビー)を盗みに取りに掛かって居た。爾(そ)うすれば、戸籍切り取りも働いたに違いない。

 其れだのに、あの紅宝石が、既に私に盗まれたと知った時の、私に対しての彼の怒り方は、何うで有った、全く自分の権利ある物を盗まれた怒り方と、少しも変わらなかった。イヤそれよりも強かった。アア其れも其の筈である。折角戸籍切り取りの悪事まで働いたのに、其の目的が外れたから、倍も二倍も腹が立ったので有ろう。斯(こ)う合点が行くが否や、余りの事に添子は口を噤(つぐ)んで了(しま)った。

 網守子の方は却って、江南が第三女の孫であるとの正直な白状に、聊(いささ)か詰問の鉾先を、折られた様に感じたけれど、少しも減(め)げずに、
 「でも貴方は、最初谷川に対して、第二女の孫の様に、受け答えしたでは有りませんか。」
   
 江南は真面目な顔で、
 「其の時は、谷川が私を第二女の孫の様に言うから、私も爾(そ)うかと思い、其の通り答えましたけれど、何だかアヤフヤに思うので、家に帰って調べて見ると、直ぐに第三女の孫と分かりまして、正直に紅宝石(ルビー)を辞退したのです。何所に私の挙動に怪しい所が有りますか。」

 却って逆捻子(さかねじ)の態度である。
 沈黙の儘(まま)で添子は思った。ナニ家へ帰って直ぐに分かったのでは無い。其の間に旅行もした。旅行から帰って、百万長者に成ったのだと喜びもした。其れ是れと思い合わすと、益々江南の偽りの楽屋が見え透えて、不安の念が募るのみだ。

 網守子は茲(ここ)で逆襲に挫けては成らないと思い、
 「私は検事局へ行って貴方を訴えます。」
 江南は嘲笑(あざわら)う余裕が無い。
 「何と云って」

 網「蛭田さん、貴方は贋髯(にせひげ)を付けて、ワルシー市の登記所へ入り込みました。然(そう)して立ち去る所を書記の一人が見て、贋髯と気が付いて、間も無く後を追っ掛けたけれど、もう姿が見えなかったと言うことです。幸いに貴女が筆捨市へ廻り、又も戸籍を切り取って帰る所を、梨英が汽車の中に居合わせて、貴方の贋髯の姿を写生しました。
 蛭田さん、是を貴方は神の手引きだと思いませんか。今は其の写生が谷川の許に在りますから、私は検事に願い、其の書記を呼び寄せて、写生画を見て貰います。」

 添子の方は聞く事毎に驚いた。流石の江南も顔色が変わった。
 「其の様な事をすれば、貴女は誣告(ぶこく)の罪に落とされます。」
 網「介意(かま)いません。此の上に更に、貴方がワルシー市迄の切符を買う所を、谷川が見ましたから、是も証言して貰います。」

 実に網守子は梨英を救い度い一心の為とは云え、良く責めた。けれど果たして江南が、是で閉口するであろうか。


次(二百十二)へ

a:96 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花