巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume213

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百十三) 夜逃げ、夜逃げ  

 成るほど、江南が紅宝石(ルビー)を辞退した一事が、何処から見ても、彼の潔白を示している。此の大いなる事実に対し、何しても彼を遣り込めることが出来ない。彼を罪することが出来ない。
如何に彼を憎む人と雖も、彼を信じるる外は無い。全く網守子は、もう自分の力が及ば無い様にも思った。

 けれど何所かに偽りが在る。此奴(こやつ)より外に、戸籍を切り取った人の有る筈は無い。
 網守子は悔しさに堪(た)えられない。最後の努力を以て又叫んだ。

 「貴方が何と言おうとも、私は検事の前へ言い立てます。貴方は決して紅宝石を辞退する様な、正直な人では有りません。貴方は、貴方の妻添子を、初鳥未亡人と偽り、私の家へ住み込ませました。
 是も戸籍を偽ったのと同じ仕方では有りませんか。そうして貴方は、添子の口を以て、三萬五千円(現在の約3,500万円)の無心を、私へ言わせました。」

 江「添子が、何を無心したからと言って、私の知る事では有りません。」
 是にも添子は呆れた。けれど無言である。
 網守子の声は其の様子と共に、益々強くなって来る。

 「貴方は妻の有る身で、私へ結婚を申し込みました。貴方は路田梨英の絵を偸(ぬす)み、自分では絵筆の持ち方も知らない癖に、自分の画だと称し、自分の名前を付けて発表して居ます。貴方は茲(ここ)に居る柳本小笛の詩を盗み、自分の詩だと称して、雑誌にも載せ、詩集まで出版しました。」

 江南「嘘です。嘘です。貴女の言う事は皆嘘です。一つも証拠が有りません。」
 網「是を嘘だと言う程の貴方ですもの、紅宝石を辞退した事にも、何処かに偽りが有るに違い無いのです。其の偽りは、検事に調べて貰います。」

 是だけ言って網守子は身を転じつつ、
 「貴方が何と仰っても、私は検事局へ出て、是だけの事を言い立てます。私の言葉が間違いなら、私は誣告(ぶこく)の罪とやらを受けましょう。貴方は私へ言っただけの事を、裁判所へ出た上で、お言い成さい。」
 言い捨てて網守子は、小笛と共に立ち去ろうとした。

 江南は猶(ま)だ平気を装って居るけれど、添子の方が慌てて、 
 「嬢様、嬢様」
と引き留めようとした。
 網守子は振り払って、去って了(しま)った。
 後に江南は、突っ立ったまま、只空を眺めて居る。網守子の立ち去ったのに、安心した様子も見えない。

 添子は恐ろしさに堪えられない様に、忽ち江南に縋(すが)りつき、
 「貴方は先ア空々しい嘘ばかりで、是が逃れられると思いますか。」
 江「網守子の言葉に負けて了(しま)えば、猶更(なおさら)逃れられないのさ。」

 添「でも貴方は何うする積りですか。網守子はあの様な気質ですから、検事へ訴え出るに決まって居ますが。」
 江「夜逃げ、夜逃げ」


次(二百十四)へ

a:96 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花