巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume218

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百十八) 芝居気を帯びて

 
 此の真夜半(まよなか)に、江南の妻添子が尋ね来ようとは思わなかった。網守子は立ち塞(ふさ)がったまま、咎める様な口調で、
 「貴女は何の為に来たのですか。」
 添子は無言のまま背後に振り向き、先ず戸を確(しか)と閉ぢた上で、重ねて網守子に向かうのは、中々落ち着いた動作である。
 「ハイ、お詫びやらお願いやら、色々お話しが有って参りました。」

 静かな、恭(うやうや)しそうな、哀れそうな声である。
 網守子はまだ厳重である。
 「お願とは、貴女の夫が白状でもしましたか。」
と云ったまま身も動かさず、却って鋭く添子の様子を見た。添子は泣く様な声で、

 「嬢様、そう厳しく仰(おっしゃ)らずに、此の様な真夜中に尋ねて来る女を、憐れだと思って下さい。」
云いながら、床の上にガックリと膝を折り、網守子の身に縋(すが)り附いた。
 勿論、是れは舞台の上で仕覚えた所作である。言葉も仕ぐさも、前もって斯(こ)うと考えて来たのであろう。

 けれど此の仕ぐさが、妙に網守子の心を和らげた。網守子は、未だ添子の巧妙な偽りを見破るほど、世故に長けては居ない。後で考えて見れば、偽りと分かる事柄でも、随分其の場では騙(だま)される。
 頓(やが)て添子の手を取って引き起こし、自分と向かい合って椅子に座らせ、

 「貴女の夫が白状でもしましたか。」
と再び問うた。添子は顔を上げて、網守子の顔を見ることも出来ない。恥じらう様に伏し目のまま、
 「嬢様、嬢様、貴女が種々御心配なさるのも、御自分の愛人をーーイヤ所天(おっと)をーー所天(おっと)同様の方を、救い度い為では有りませんか。私が今夜参りましたのも、自分の所天を救い度い許りの為です。

 貴女が所天(おっと)をお思い成さる心と、私が所天を思う心と何(ど)う違いましょう。嬢様、何う違いましょう。嬢様、何うぞ御自分の苦しみに引き比べて、私の辛さをもお察し下さい。」
 網「貴女の言うことは、私には良く分りません。直ぐに事柄を述べ成さい。」

 此の様な重大な場合に、添子の言葉が、如何に芝居気を帯びて、如何に迂遠(まわりとお)いかは、今までに既に分かって居る。
 「嬢様、貴女は御自分の所天(おっと)を、牢から救う為めに、私の所天を牢へ入れよと仰るのでしょう。」
 網守子は少しも間を置かず、

 「其れは、貴女の所天が真の罪人で有る為ですよ。若しも梨英の方が、本当の犯罪人なら、私も決して誰にも泣き附きなど仕ませんよ。貴女の所天蛭田江南が、梨英の戸籍を切り取ったことは、私には良く分って居ます。」

 添「では嬢様、梨英さんが罪を免れさえすれば、貴女は其れで宜(よ)いのでしょう。まだ其の上に、私の所天を牢に入れ、私を悲しませなければ成らないと、仰るのでは無いでしょう。」

 網「だって蛭田江南を罪に落とさなければ、梨英の身に、罪の無いことが分かりませんもの。」
 中々に談判が纏(まと)まり相には見え無い。


次(二百十九)へ

a:66 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花