巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume220

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十) 恐ろしい言分

 
 江南の白状しない事柄を、妻添子が白状した。網守子は是で梨英の助かる道が開けた様に思い、嬉しさを隠すことが出来ない。
 「其の原紙を私に下さい。下さい。」
 添子はここぞと思う様に、初めて網守子の顔を十分に見上げて、
 「此の原紙には路田梨英が梅子の孫であることも、梅子が古江田利八のの第二女であることも、明らかに記してありますから、検事が之を見れば、扨(さ)ては梨英が切り取ったのでは無いと合点し、直ぐに梨英を放免します。」

 網「爾(そ)うです。爾うです。」
 添子「此の原紙を登記所へ送れば、原簿の切り口とピッタリ合いますから、直ぐに本物と分かります。」
 網「そうでしょうとも。」
 添「此の原紙が出ない以上は、登記所の損害が消えないので、梨英は益々厳しく尋問されます。」
 実に添子は雄弁である。

 網「ですから其の原紙を下されば、私は貴女に謝します。」
 添「此の原紙が無ければ、疑いが附き纏(まと)います。彼は貴女の所天(おっと)に成ったとしても、人に後ろ指を指されます。」
 網守子は情け無い様に思った。

 添子は又一層図に乗って、
 「此の原紙を貴女へ売りましょう。」
 網「ハイ買いましょう。幾等ででも」
 添「イイエ、代価は金では有りません。貴女の口留めです。」
 網「口留とは?」

 添「貴女は私達夫婦の悪事を、悉(ことごと)く御存知です。何うか今限り、誰に向かっても、口外しない様にして下さい。貴女が堅く其れを約束して下さるならばーー。」
 網「私は必要も無く人の悪口は言いません。約束しますとも。」
 「本当ですか嬢様」
と念を推した。

 網「本当です。」
 添「私には、まだ貴女の知らない悪事が有ります。」
 網「そうかも知れません。貴女の身に何れほどの悪事があっても、私は驚きませんよ。」
 添「若しも其の悪事が、貴女に分かる時が有っても、貴女は決して私を責めて下さるなよ。」

 網守子は、真逆(まさか)に此の言葉が、彼の紅宝石(ルビー)に関係が有ろうとは思う事が出来ない。又思う筈も無い。けれど添子は、遠からず紅宝石盗み取りの罪が、露見する様に感じ、其れをまでここで塞(ふさ)いで置く積りである。

 網「貴女を責めても仕方が有りません。」
 添「決して貴女の口から、私の悪事が露見しない様にして下さいよ。」
 網「私は是れ限り、貴女の事を、何にも云いませんから、私の口から露見する筈は有りません。」
とは言い切った者の、余り添子の念押し方が諄(くど)いので、聊(いささ)か怪しくも思い、

 「ですが貴女は、若し私が、口留の約束は否だと云えば、何うしますか。」
 添「今夜の中に、今言う原紙を持った儘(まま)で、夫婦逃亡しますから、梨英の身の疑いは、生涯晴れない事に成るのです。」
 実に恐ろしい言い分である。


次(二百二十一)へ

a:69 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花