巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume222

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十二) 怪しい筆の跡

 
 「誓いますか。誓いますか。」
 退引(のっぴき)させぬ問い様に、網守子は誓う外は無いと思った。
 其れでも取つ置いつ《あれやこれやと思い迷う》思案はしたけれど、何しろ江南に逃げられては大変である。其の場合には、江南を真の犯人であると訴えても、裁判の手は届かず、其の上に、肝腎の原紙が無くなっては、成るほど梨英の身に、生涯一種の疑いが附き纏(まと)うで有ろう。全く背に腹は替えられない場合である。其れに又、添子を気の毒と思う様な心も手伝い、終に網守子は、

 「誓います。」
と言い切った。添子は益々安心しつつも、念を押し、
 「では私共夫婦の、今までの悪事のみでは無く、此の後何の様な悪事が分かろうとも、決して口外せず、責めもしないと誓いますか。」
 網「爾(そう)ですとも。」
 添子は、
「では原紙をお目に掛けます。」
と言い、全くの本物を持ち出した。

 見れば成るほど、梨英の祖母は梅子と有り。古江田利八の第二女と明らかに記して有る。是が回復されれば、何も彼も梨英に関する疑いは晴れて了(しま)う筈であるから、誰も疑うべき余地が無い。更に添子は事務的な口調で、

 「茲(ここ)で墨紙筆を拝借し、検事長へ宛てた手紙を書き、直に投函しますから、貴女でも小笛さんでも一緒に来て、投函する所を見届けて下さい。」
 頓(やが)て網守子の持ち出した筆墨を以て、下の様に認めた。
 「偶然の事情から、此の二枚を手に入れた正直な一婦人は、若しも之が為に、罪無き人が疑われる様な事が有りはしないかと気遣(きづか)い、之を検事長へ差し上げます。何うぞワルシー市と筆捨市との登記所へお見せ下さい。」

 網守子は傍から見て居て、不思議で納得が行かない様な顔をして、
 「オヤオヤ、貴女の字は細い綺麗なので有ったのに、肉太く私の字に、大層似て居るでは有りませんか。」
 添子はハッと思った。似て居るのも無理は無い。銀行から、紅宝石(ルビー)を取り出す贋手紙を作る為、何れほど網守子の字を練習したか知れない。

 添「永く貴女と一緒に居た為、自然に似たのでしょう。」
と言い抜け、忽(たちま)ち思い出した様に、
 「嬢様、貴女は私が此の様な字を書く事までも口外しては成りませんよ。」
 網「エ、此の様な事までも誓いの中ですか。」
 添「爾(そう)ですとも、私の名さえも、貴女の口から出さない様にして下さい。」

 実に厳しい約束である。けれど網守子は、仕方が無いと思い、
 「承知しました。もう何にも言いません。」
と答えた。此の時、夜は非常に更けて居たけれど、間も無く共々に外に出で、手紙の投函をまで見届けて分かれた。


次(二百二十三)へ

a:72 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花