巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume223

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.11

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十三) 負けず劣らぬ悪人

 
 斯(か)くて添子は幾分か安心した様な様子で、我が家へ帰ったが、家には江南が未だ寝もせずに心配気に待って居た。
 「何うした。何うした。」
と江南は問うた。
 添「あの二枚を網守子へ売り付けましたよ。」
 江「エ、売り附けた。幾らに。」
 添「ザッと百万円にサ。」

 江「百万円、先ア、冗談は云はずに幾等に。」
 添「本当に百万円ですよ。もうあの紅宝石(ルビー)が贋物(にせもの)と分かった所で、網守子は決して訴へもせず、又私共を、責めもしない事に約束をしましたから。」
と言って事の次第を物語った。

 江南は聞き終わって考えつつ、
 「成るほど、和女(そなた)は是れで紅宝石盗人と言う罪を責められないかも知れないがーーー。」
 添「責められない許かりで無く、本物を返せなどと言われる事が無い様に成ったから、百万円に売り付けたのも同じ事です。」

 江「爾(そ)う言えば、爾うだ。けれど江宝石は偽物と何時分かるか。分かった時にはーーー。」
 添「偽物と分かったとしても、私が盗んだと見破るのは網守子一人です。其の網守子が無言で居れば、誰も見破る人が有りません。大丈夫です。私は唯網守子一人を恐れて居ました。今は其の口を塞ぎましたから。」

 江「和女は自分の為ばかりを計って、私の為には、百万円は扨(さ)て置き別に安心を増しもしない。」
 添「其れやア貴方、貴方の様に悪事ばかりで固まって居る人には、何うせ大安心と言う者は有りませんわ。けれど、私の今夜の計らいで、何れほど安心を増したかも知れません。第一あの二枚の原紙が登記所へ返れば、ズッと捜査が弛むと貴方が言いました。」
 江「其れは爾(そう)だ。」

 添「捜査が弛(ゆる)んだ上に、網守子が全く沈黙して了(しま)えば、先ず安全では有りませんか。其れでもまだ貴方の悪事が露見するなら、天命です。致し方が有りません。」
 江「貴方の悪事、貴方の悪事と、余り耳障(ざわ)りだ。悪事はお互いでは無いか。負けず劣らずの悪人では無いか。」

 添子「でも私の方は、網守子の無言で、殆ど露見の恐れが無い程に遠のきました。貴方の悪事の方も、余ほど露見が遠くなったに違い有りません。」
 夫婦の間に此の様なる問答の交わされる家庭が何処にあるだろう。

 夫婦は猶(なお)も争いながら、又相談しながら夜を更かしたが、結局は、是で弛々(ゆるゆる)と逃亡する猶予だけは確実に出来たから、先ず江南だけ旅行して、安全の地に身を置き、後で添子が家財其の他を取り纏(まと)めて、成るたけ多くの金を作り、追って行って一緒に成ると言う事に決まった。

 けれど、若し運好く何事も露見せずに済む様ならば、逃亡せずに居座る積りであるから、詰まる所、逃亡の用意だけ定めて、静かに形勢を見て居るのである。


次(二百二十四)へ

a:72 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花