巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume225

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十五) 直に売って下さい

 
 愈々(いよいよ)紅宝石(ルビー)を売り払う時が来た。イヤ売り払う時では無い。本当の紅宝石では無く、全くの贋物が何うして売り払うことが出来よう。実は売り払らおうとして、失敗する時が来たのである。本当の紅宝石は、既に添子に盗まれて、売り払われた後である。

 即ち紅宝石が贋物と分かる時が来たのである。実に大変な時では有るまいか。網守子は、爾(そ)うと知る筈が無いから、真に紅宝石を売る時が来た様に思って、聊(いささか)か喜んだ。
 実を言うと、網守子は先刻新聞紙の記事を見た時から、心に何とも言えない、苦痛を感じて居た。

 其れは自分が、昨夜添子と結んだ沈黙の約束である。あの約束を結ぶ時には、唯梨英を助けたい一心で、其の約束から、何の様な不都合が生ずるかを、知らなかった。けれど今朝、新聞紙の記事を見た時に、既にあの約束の不都合な事を思い当たった。

 あの約束さえ無ければ、此の犯罪は路田梨英で無く、蛭田江南であると、明らかに叫ぶことも出来るのに、唯沈黙の約束の為に、其れが出来ず、扨(さ)ては自分は、大いなる過ちを犯したのかも知れないとも思った。

 其れでもあの約束の為に、二枚の原紙を得て、自然と梨英の身の潔白が分かる様な道の開けた事を思えば、イヤイヤ止むを得ない約束で有ったと思い直し、更に茲(ここ)へ来て、梨英の保釈が許(お)りたと聞くに及び、愈々原紙の力で有ると知り、幾分か心が軽くなった。

 若し此の上に、江南を誠の犯人として其の筋へ突き出すことが出来たなら、言い分は無いけれど、最早約束をした後だから仕方が無いと諦めた。
 此の様な心で居る所へ、宝石商人の名刺が取次がれた。谷川は説明する様に、其の名刺を網守子に示した。

 「先日お指図に従い、何時でも紅宝石を売ることの出来る様に仕て置く為め、既に宝石商へ掛け合って置きましたが、今日は其の宝石商が、愈々相談を取決める為に、同業一人を連れて来たのです。何う致しましょうか。」

 何うも斯(こ)うも無い。是を売って、其の上で結婚すると言うことに、梨英と相談が決まって居る故、売るだけだと網守子は思い、早や心の中に、梨英が、全く晴天白日の人と為ることをも思い浮かべ、蜜月の旅に上る幸福を画いた。

 「では直ぐに売って下さい。」
 谷「でも其の時とは事情が違います。其の時は路田梨英が捕縛せられるなどとは思いも寄らず・・・。」
 網「でも既に保釈せられましたから。」
 谷「保釈はせられても、真に放免せられる迄は、当人の身に重大な関係の有る品ーーー。」
 網「放免せられるに決まって居ます。兎に角も、売り渡しの道だけは開いて置いて下さい。」


次(二百二十六)へ

a:75 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花