巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume226

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十六) 神ならぬ身の
 
 谷川は考えながら、
 「此の紅宝石(ルビー)を貴方の所有とすれば、何時売ろうと貴女の御随意で有りますが、若し貴女の所有で無く、既に路田梨英の物であるとするとすれば、梨英の身が愈々無罪に成るまで、売らない方が無難だろうと思います。実際は何方(どちら)でしょう。貴女の所有物ですか、梨英の所有ですか。」

 網守子は少しも考えない。
 「無論梨英の物なんです。けれど是から売ることは、梨英が私と相談しての上ですから、貴方は私の言葉通りにして下されば好いのです。」
 谷「爾(そ)うは行きません。貴女の物なら貴女のお言葉通りに致しますけれど、梨英の物ならば、梨英の言葉を聞かずに、貴女のお言葉通りにすることはーーー。」

 網「其れは何うでも宜(よ)いのですよ。誰の物としても、茲(ここ)で実物を商人に見せ、何時でも引き取ると言う約束だけ定めて置けば。」
 実に物堅い谷川であるけれど、
 「其れは爾です。兎に角、何時でも引き取ると言う約束だけは定めて置きます。」

 愈々紅宝石(ルビー)を―ーーイヤ紅宝石に似せたゴム細工を、紅宝石の積りで、専門の商人に見せる場合とはなった。
 果たして是を見れば、人々の運命が何の様に成り行くことで有ろう。今と成っては此の紅宝石ーーーの如き贋物が、全く一同の運命を支配して居る。

 第一網守子は真の持ち主で有り、許嫁の夫が、此の紅宝石を売った上で、結婚すると言うことに成って居るから、此の品が贋(にせ)であると本物であるとは、大変な相違である。更に梨英自身は、是が贋物と分かれば、何の様な失望と不幸とに沈むかも知れない。

 第三に谷川は、此の紅宝石の実際の保管者であるから、是が贋物と為って居れば、保管の宝を紛失させたと言う為に、重大なる責任を負わなければ成らない。第四に添子は実際に紅宝石を盗み取った盗人である。是が贋物と分かれば、自分の罪の露見する緒口(いとぐち)であるから、たとえ網守子に沈黙を誓わせて有ると言っても、自分の身に何の様な刑罰が降りかかって来るかも知れない。

 けれど、誰よりも眼前の危険を伴って居るのは、蛭田江南である。彼は此の紅宝石の為に、大なる罪を犯して居るけれど、唯贋物が看破せられない為に、人の疑いを免れて居るのである。既に夜逃げの用意をまで定めて居るとは言え、是が贋物と分かって後に、果たして其の身の安全を、得られようか。夜逃げぐらいでは、中々刑罰を免れることが、出来ないのでは無いだろうか。

 今は谷川も網守子も、此の様な重大な運命が、此の宝石商人との面会に繋(つな)がって居ようとは、神では無いので、露ほども知らないのである。


次(二百二十七)へ

a:67 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花