巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume227

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十七) 運命の決する時が

 
 網「ですが、商人は、紅宝石(ルビー)を如何ほどの値段ならば、買い取ると言いますか。」
 谷「先日は目下の相場で、七十二万円(現在の約7.2億円)と云いました。」
 流石に網守子も驚いた。
 「エ、エ、七十二万円、其れほど高く。」

 谷「ハイ、猶(ま)だ高くなると云って居ましたが、兎に角茲(ここ)へ通しましょう。」
 網「私が居ては、若しや不都合では有りませんか。」
 谷「イイエ、却(かえ)って好都合です。」
 網守子の居る前へ、二人の宝石商人が通された。

 甲商人は先日谷川と相談して去った人である。谷川は之に向かい、
 「是なる令嬢は、紅宝石の委託主でありますから、立ち会いを願う方が、便利だろうと思いまして。」
 甲乙一緒に網守子に黙礼し、頓(やが)て甲より口を切り、

 「実は私共同業数名が、組み合ってお買取りすることに、相談は纏(まと)まりましたけれど、他の同業者に、薄々様子を悟られた恐れが有ります。斯(こ)うなると営業の競争上、代価を競り挙げられるかも知れません故、先日七十二万円と申し上げましたが、改めて七十五万円まで、買い上げる事に致しました。

 其の代わり、若し他に、七十五万円より以上に買い上げる商人が有れば、私共は手を引きます。御遠慮無く、他の同業者へ、お問い合せ下さる様に願います。」
 実に耳よりな話である。金庫の中へ一週間寝かして置く間に、七十二万円の物が、独りで七十五万円に騰貴し、凡そ一日に五千円、一時間に二百円以上の儲けをを加えた様な者である。

 谷川は一寸網守子の顔を顧み、眼で同意を乞うた上、非常に真面目に、
 「イヤ、最初から貴方及びその商店を信じて、相談を持ち掛けた訳ですから、決して他の競争者に、問い合わす必要は有りません。七十五万円ならば、何時でも引き取ると言われますか。」

 甲「ハイ、只今でも引き取ります。」
 谷川「イヤ只今直ぐに、売り渡すのでは有りませんが、数日の後に、取引する運びと成ろうかと思います。」
 甲「ハイ一週間以内ならば、大して相場に変動は無かろうと思いますので、七十五万円ならば買受ます。」

 乙商人は初めて口を開き、
 「尚、相場が騰貴すれば、騰貴した丈七十五万円の上へ加えます。尤も私は未だ実物を拝見致しませんが、是なる同業の綿密なる鑑定書で、殆ど実物を見たと同様に分かって居ますものの、念の為で有りますから、今日実物を拝見して帰り度いと存じます。」

 谷川は
 「ごもっとも」
と答えて立ち上がり、部屋の一方に在る、金庫の戸を開いて、中から鰐革の嚢を取り出し、殆ど恭(うやうや)しい程の動作で、両商人の前へ置いたのは、愈々運命の決する時が来たのである。


次(二百二十八)へ

a:74 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花