巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume229

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百二十九) ゴムの臭気

 自分の保管して居た紅宝石(ルビー)に、何事も間違いの在る筈は無いと、谷川は難(かた)く思い詰めて居る。勿論思い詰めるのが当たり前であるけれど、両商人の様子が、余り激しいので、再び問うた。
 「何う品物が違って居ると云うのです。先ず詳しく説明して下さい。」
 立ち掛けて居た乙商人は、何やら自分の衣嚢(かくし)を忙しそうに搔き探りながら腰を卸した。

 甲商人は落ち着いた態度で、
 「私の作った此の鑑定書で、お引き合わせ成されば分かりましょう。第一に形が一致しないでは有りませんか。第二には大小も違いましょう。第三には数も。」

 成るほど爾(そう)である。形が一々引き合すことの出来ないほど違って居るらしい。けれど谷川は未だ納得することが出来ない。何しても品物の違う筈が無い。鑑定書と実物と合わないならば、其れは鑑定書の間違いであろう。実物の間違いでは無いとほどに思う。

 「形や大きさが一々は一致しないとしても、値段は何うです。売り買いの要領は値段に在ります。私は素人ゆえ、貴方がたと争うことは出来ませんけれど、先刻仰(おっしゃ)った七十五万円が、幾等欠けると云うのですか。」
 甲「イヤ値段には成りません。是は紅宝石(ルビー)では無いです。」
 谷「エ、紅宝石で無い?」

 是が紅宝石で無いと、谷川は何うして信ずることが出来よう。如何に見ても紅宝石である。谷川は専門家では無いけれど、磨かない紅宝石を見たことは幾度も有る。素人として、幾分か其の方の知識も富み、眼も肥えて居る方である。其の肥えた眼で見て、是が紅宝石であることは、明らかである様に思われる。だからと云って、真逆(まさか)に、此の商人が、真の紅宝石を紅宝石で無いと云い、今更ら其の値打ちを踏み倒そうとする筈も無い。

 両商人は殆ど一斉に
 「ハイ、是は決して紅宝石で有りません。」
 谷「紅宝石で無ければ何ですか。」
 甲商人は気の毒げに、
 「誠にお気の毒ですが、全くの贋物です。練り物です。」
 谷「練り物?練り物?此の紅宝石が練り物?其の様な筈は無い。」

 甲「イエ、数年前から出回って来て居るのです。最初は玄人(くろうと)さえも騙されました。」
 先ほどから衣嚢(かくし)の中を探って居た乙商人は、探し当てた様に燐枝(マッチ)を取り出し、
 「焼いて見れば誰にも分ります。」

 谷「焼いても焼ける筈は有りません。」
 乙「此の一個を焼いても宜しいですか。」
 谷「お焼き成さい。」
 直ちに乙商人は、一個を取って燐枝(マッチ)の火に翳(かざ)した。焔(ほのお)の力に、其の一個は沸いて泡を吹き、直ちにゴムの臭気が、一同の鼻を衝(つ)いた。

 最早や疑いを容れる余地が無い。
 七十五万円の紅宝石が、全くゴムの贋物と摺り替えられた。


次(二百三十)へ

a:71 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花