巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume23

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

              (二十三) 侶伴婦人(初鳥添子)

 取り次ぎの声に続き、当人網守子が、侶伴(りょはん)《付添い》の婦人及び当家の主人寒村男爵と共に入って来た。藤子も母御も、網守子の顔に、姿に、身の行(こな)しに、将(は)た又衣服の好みに、少しも非難する所を見出す事が出来なかった。

 全く五年の月日は、島の娘を、都の美人に仕立て上げた。
 五年前に、網守子の理想画を作った路田梨英に見せたなら、自分の理想よりも優ったのに、驚きはしないだろうか。特に衣服の好みに至っては、梨英が、「美しい着物を美しく着なければいけない。」と云った其の言葉を守り、特別に稽古し注意したのであろうか。

 華美ならずして品位が有り、首に廻らせる古王妃の金環に準じ、薄色の絹に古代レースの、匹(たぐ)い稀(まれ)なるのを配(あし)らうなど、自ずから旧家の由緒が見えて、俄(にわか)成金の令嬢には、真似も出来難い奥ゆかしい調和を示して居る。

 もし強いて非難を求れば、侶伴《付添い》婦人が若過ぎる一事である。是は谷川弁護士が、友人から推薦せられて雇い入れたと云う事で、地味な第二期の喪服を着けて居る所を見れば、夫を失ってから、まだ多くの年月を経ない、未亡人とは知られるけれど、年が二十五六歳にしか見えない。而も中々美人である。
  
 藤子は網守子と一通りの挨拶が済んだ後、侶伴婦人を見て、
 「オヤ貴女はーーー若しや添子さんではーーーー。」
 添「オオ貴女は藤子さん、学校でお分かれして、もう七年に成りますねえ。私し今は初鳥夫人と申しますが、昨年夫に死なれまして。」
と言って、妙に悲しそうな様を示した。

 成るほど、七年前に藤子の同級生であった。けれど藤子は其の後、此の女が、田舎廻りの女優と成ったとの噂を、聞いたことも有る。其の辺から考えて、清い令嬢の侶伴《付添い》には、不適当であると思った。

 間も無く晩餐となった。客は唯三人で、全く内輪同志であるだけに、充分談話も交換せられ、藤子と網守子とは、遠縁ながら従妹でも有り、少しの間に、非常に打ち解けた仲とはなった。
 けれど晩餐後には、素人音楽会が開かれる予定で、多くの紳士貴婦人が、集い来る事と為って居る。

 晩餐の終る頃には、早や続々と入り来る客がある。主人男爵は、網守子に向かい、
 「今度は様々の客が参ります。その中でも、貴女へ、大なる天才の人を紹介しましょう。」
 天才と聞いて網守子は梨英の事を思い出した。

 「何の様な天才ですか。」
 男爵「何事にも通じて居ますが、特に絵画に於いて、当時第一の売り出しです。」
 網守子の顔は少し赤くなった。
 男爵は気も付かずに語り続け、
 「其の人の書いた浪の絵を見ると、全く海の際に居る様な心持がするのです。」

 網守子は、胸が躍って、其の名を問返すことが出来なかった。


次(二十四)へ

a:125 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花