巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume237

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百三十七) 実は旅行では無く

 谷川弁護士は、余り悟りが遅いのではないだろうか。如何に平生から、証拠の無いことは、何事も断定しないのが癖であるとは言え、此の様な場合に至り、惑ってばかり居るとは、殆ど痴鈍で有る。

 イヤそうでは無い。彼は七十五万円を弁償しなければ成らないと云う、意外な重荷に心を圧迫せられて了(しま)った。何事を考えるにつけても、此の弁済を何うすれば好いかとの心配が先に立ち、其の他の事は、常ほどは考えられないのである。

 其れでも様々に考えて様々の事をした。第一、網守子の行く先が分かると同時に、種々の手紙を認(したた)め、網守子が銀行から紅宝石(ルビー)を取り出した時の事情を、詳しく知らせて呉れと頼み送った。其の次には、蛭田江南が、紅宝石を辞退した事に就いて、色々と考え廻した。

 果たして江南は、紅宝石を贋物と知って辞したので有ろうか。知って辞したとすれば、彼は驚く可き悪人であるけれど、彼が其れを知って居る筈が無い。彼は私から知らせる迄は、此の様な紅宝石の在ることさえ、知らなかった。其れを贋であるの本物であるのと何で知る者か。

 其れでも何だか腑に落ちない所が有る為め、頓(やが)て自ずから江南の許へ尋ねて行った。妻添子が出迎えて、
 「江南は今朝旅行しまして、帰りの程も良く分りません。」
と答えた。
 実は旅行で無く逃げたのである。谷川は残念に思う多けれど、若しや添子に問えば幾分か得る所でも有るかと思い、

 「貴女は若しや江南から、何か紅宝石の話を聞いた事は、有りませんか。」
 添子は、大凡の事情を悟り、欺(だま)せるだけ欺(だま)す積りで、誠しやかに、
 「先達って彼は、少しの血筋の違いで、紅宝石を受け取ることが出来ないのは、残念だなどと云って居ました。」

 谷「オオ彼は残念がって居ましたか。」
 果たして彼が残念に思ったとすれば、彼は贋物と知らなかった筈であると谷川は思った。
 其れでも更に谷川は問うた。

 「其の紅宝石が、誰の物だと云う様な事は、云いませんでしたか。」
 添「誰の物とは聞きませんが、何だか貴方の世話だと云う様に云いました。」
 谷「そうです。私の世話ですが、貴女も兼ねて幾分かは、聞き知って居る筈です。」

 添子は仮忘(とぼ)けて、
 「エ、私が」
 谷「そうです。貴女は何時か網守子から、紅宝石の話を聞いた事は有りませんか。」
 添「網守子に? 有りますよ。古い織物だの、金銀の細工物だの、古い宝石類だのと、沢山持って居ることを聞きました。」

 谷「イヤ特別に紅宝石の事を。」
 添「ハイ、特別に紅宝石の事を聞かされたかも知れませんが、此方(こっち)が特別には覚えて居ないのです。」
と何気無く答えた。


次(二百三十八)へ

a:74 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花