巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume239

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

        (二百三十九) 立ち聞きでは無く

 保津老人とは何者であろう。谷川は少し考えたけれど、心当たりが無い。けれど弁護士と云う職業は、人に会うのを怠っては成らない。直ぐに自分の部屋に通した。
 入り来る顔を見ると、確かに初めて会う人では無いが、何所で逢った人か、良く思い出さない。
 年は六十歳をも越えたかと思われる老人である。

 老人は恭(うやうや)しく立った儘(まま)で、
 「以前から、貴方にお話ししなければ、済まない様に感じましたけれど、今までは無言で居ましたが、今日は新聞を見て、路田梨英と云う者の事が出て居ましたので、或いは愈々お話ししなければ成らない時だろうと思いまして。」

 路田梨英の事に就いてならば、全く耳よりな事柄である。
 谷「好く来て下さった。詳しく聞きましょう。が貴方は何方でしたかねえ。」
 老人は、
 「私はこの一年の間、蛭田江南の家に雇われていまして、先頃暇を取った保津と云う者です。」

 成ほど爾(そ)うだ。爾う云われれば、明らかに思い出した。今まで蛭田江南の家へ行く度に、此の老人が取次いだのであった。
 「オオ、爾でした。先ずお掛け成さい。」
 老人は漸く腰を卸して、
 「私が申し上げるのは、人の秘密で有ります、他人の秘密を口外して好いか否か、甚だ迷いますけれど!」

 谷「私は弁護士です。弁護士に対しては何事をでも打ち明けるべきです。打ち明けても、決して第三者に洩れません。」
 老「其れに、若しや他の人が迷惑して居はしないかと思いまして。」
 谷「サアお話し成さい。」
 老「私は決して戸に耳を当てて、立ち聞きなどした訳では有りませんが、あの家の戸が破れて居まして!」

 谷「あの家とは。」
 老「蛭田江南の家です。ハイ其の戸の破れた時にも、正しい家柄にあるまじき椿事《変わった出来事》だと思い、直ぐに暇を取る心が起こりましたけれど、思い直して留まりました。其の戸が取り外されて、幕と成って居ました為め、玄関に番をして居る私の耳へ、部屋の中の談話(だんわ)が自然と聞こえたので有ります。」

 谷「何の様な談話(はなし)が。」
 老「少し声の高い話は、大抵聞こえましたが、其の中でも、贋の紅宝石(ルビー)に関する話は、時々に、ズッと離れた所へまでも聞こえるかと思われる程の、高い声と為りました。」

 贋の紅宝石!贋の紅宝石!!
 今の谷川に取って、此の言葉ほど痛切に耳を打つ言葉は又と無い。
 「エ、エ、贋の紅宝石?」

 老「ハイ爾(そう)です。最初江南は、何処か田舎へ旅行し、帰って来て、百万円長者に成ったと云い、大層喜んで居ましたが、頓(やが)て妻添子から、誰かの財産が転がり込んだのかと問われるに及び、寒村網守子の紅宝石が、我が物に成ったと答えました。」
 谷川の顔は非常な熱心を帯びて来た。


次(二百四十)へ

a:66 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花