巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume24

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
            (二十四) 三重の天才

 素人音楽会とは云う者の、定まった番組が有るでは無く、半ば談話会である。此の夜集まのは、諸方面の紳士貴婦人、七十人ほどで有った。
 中に、独逸から帰朝した某大家が、特に此の夜の呼び物である様に噂さされた。此の大家のピアノの外は、多く人の談話の声を鎮めるに足らなかったが、其の後へ、主人男爵に勧められ、網守子が胡弓を持って現れた。此の大家がピアノで伴奏した。実は藤子が網守子の芸を気遣い、此の大家に、付き添いを頼んだのである。

 網守子は、多くの譜の中から、素人の手に終えない、独逸のシューマンのソナタを選んだ。是は此の大家へ敬意を表してであろう。大家は少し網守子の大胆に驚きつつも、笑顔を以て賛成した。頓(やが)て網守子の手が動き始めると、素人には分からない其の曲の秘密が、一々に胡弓の音色に現れた。

 是は真の天才と修行とを兼ねた人で無くては出来ない。満堂の談話の声も、何時の間にか静まった。
 弾じ終わると、大家は全く敬服した様子で、「今一曲」と云った。此の所望が、殆ど総ての聴く人からも繰り返された。
 次に網守子が、幼い頃から弾き慣れた、島歌の一節を弾じた。前の重々しいのに対し、聴く人の心に、軽い爽快な感じを満たした。猶も所望の声が続いたけれど、網守子は辞した。誰よりも驚いたのは藤子で有ろう。

 「網守子さん、私は聴いて居て、熟々(つくづく)と貴女の芸が羨ましくなりましたよ。」
と云った。勿論此の後でも、種々の曲を奏した人はあるけれど、孰(いず)れも、傍らに居る一部分の人だけしか、聴いて呉れなかった。

 暫くすると、主人男爵が来て、
 「サテ、寒村嬢、先刻云った大天才に御紹介しましょう。」
 網守子は、もう心を落ち着けて居る。其の大天才が、縦(よ)しや自分の思う人で有っても、胸を躍らせたり、顔を赤めたりして、田舎者の様に思われては成ら無いと思い、殆ど男子が初めて戦場へ臨む様な思いで、部屋の一方へ連れられて行くと、一紳士に引き合わされた。

 違ふ、違う、路田梨英では無い。年は三十歳ほどに見える。立派な重々しい人である。
 「私は蛭田江南と申します。」
と彼は名乗った。
 蛭田江南、名前だけでは何事も分から無い。
 男爵は説明した。

 「文芸家としても、詩人としても、画家としても、蛭田君ほどの大成功は、今のロンドンに二人とは有りません。」
 云う所へ、谷川弁護士も来て、
 「詩人、文芸家、画家、全く蛭田君は三重の天才です。」
と褒めた。

 天才と云う言葉」は、曾(かつ)て幾度も梨英の口から聞き、今でも網守子は、天才ほど貴い者は無いと信じて居る。


次(二十五)へ

a:129 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花