巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume243

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.8.31

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四十三) 逃亡

 谷川は捕吏の長に向かい、
 「私は貴方がたの捕縛なさる前に、当人達に逢って、聴き度いことが有りますが。」
 捕吏「宜しいです。お入り成さい。」
 谷「若しや其の為に、取り逃がす様な事が、有りはしないでしょうか。」

 捕吏「大丈夫です。何処からも逃げる道は無いのです。貴方が話しが済んで出て来るまで、私し共は張り番して待って居ます。」
 頷(うなづ)いて、谷川は入口の戸を開こうとした。戸は堅く鎖(しま)って居る。更にトントンと叩いて見た。内から何の返事も無い。又叩いた。矢張(やっぱ)り返事が無い。

 そうと見て、捕吏の長は、容易ならない顔付で、
 「若しや既に逃亡したのでは無いでしょうか。」
 谷「其の様な筈は無いと思いますが。」

 イヤ筈が無いでは無い。昨日谷川が来て、添子に逢った時に、谷川自身は添子の言葉や素振りから、何事も察することが出来なかったけれど、添子の方は、谷川の言葉で、様々の事情を察し、既に紅宝石(ルビー)が贋物と分かって、自分の身が大いに危険に迫っていることを知った。

 其の後で、大急ぎに様々の用意を運び、他人(ひと)から預けられて居る品と自分の品との見境も無く、頻りに売り払い、更に自動車を駆って、様々に奔走して居た。

 捕吏は更に自分の力を以て戸を叩いた。返事の無いのは、依然として同じである。
 「何(どう)も留守の家らしい。仕方が無い、此の戸を叩き破って踏み込まなければ。」
と云い、直ぐに手下の者を呼び、叩き破れと命じたが、手下の一人は早くも横手の窓に手を掛け、音も無く其の戸を開き、身を躍らせてヒラリと中に入った。其の後から又一人が同じ様に中に入った。

 谷川と捕吏の長は、無言で立って居ると、中から今の手下の一人が戸を開き、
 「電灯は点火(とも)って居ますが、何も怪しいです。」
 孰(いず)れの部屋も、悉く電灯は点いているけれど、逃亡したことは確かである。額で有ろうが、その他の器具であろうが、総て取り外れて、何(ど)の部屋も全くがら空きである。

 「アア全(すっか)り用意して逃げて了(しま)った。」
 谷「夜に入って逃げたと見えますね。電灯の附いて居るところを見ると。」
 長「イヤ其れは分かりません。多分昼間から電灯を捻(ひね)り放しにして置いたのでしょう。夜に入って近所の人に不在と思われない様に。」

 こう云って長は、直ぐに電話の所へ走って行った。
 「本署へ電話を掛けようと思ったら、中々気の附く曲者だ。電話の線をを切って有る。少しでも、遠くへ落ち延びる手筈を、尽くしたのだ。」

 谷川は全く失望した。
 「アア残念な事をした。最う捕まる見込みは無いでしょうか。}   
 長「至急手を配って見る迄です。」
と云い捨て、忙しく手下を指図し、孰(いず)れへか去って了(しま)った。


次(二百四十四)へ

a:72 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花