巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume244

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.9. 1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四十四) 無責任に無責任を

 全く添子も江南も逃亡した後である。谷川は考えた。昨日来たとき、江南が旅行したと聞いたのは、既に江南だけ逃亡して、妻添子だけ後の片付けの為に残って居たので有ったかも知れない。
 こうと分かっても、今更仕方が無い。もう何としても紅宝石(ルビー)は回復の道が無い迄に、完全に紛失した。

 思うと共に谷川は、自分の身代限り《破産》する時が押し寄せたと感じ、非常に心が重くなった。 
 実に谷川の様に、単に正直一方で身を立てて、此の年まで真面目に築き上げた人に取っては、身代限り《破産》ほど辛い事は無い。

 全く生涯の破滅である。名誉的にも金銭的にも自殺であって、再び職業を続けることは出来ない。四十年来営んだ職業を棄てて、他に何の生計が有ろう。単に乞食する一方である。而も谷川には妻も子もある。

 自分一人は、例えば自殺したとしても済む様な者であるけれど、妻子ある身が其の様な無責任は出来ない。
 此の様な場合に、大抵の人は、何うすれば再挙の出来るだけ、我が財産を、隠すことが出来るだろうと云うことを先ず考えるが、谷川はそうでは無い。何うすれば成る丈多く、弁償の義務が果たせるかと考える気質である。もう谷川の身に活路は無い。

 多くの紳士は、自分の財産の外に、妻の財産が有る。自分は破産しても、妻の財産で世を送ることが出来る。谷川はそうで無い。彼は、貧しい位置から身を起こした立志伝中の人で、富家の娘を妻にする事が出来なかった。単に愛の為に、自分よりもっと貧しい女を妻としたのである。

 のみならず、若し妻に財産が有ったならば、妻を説き伏せて、其れまでも弁償の方へ廻し度いのが、彼の気質である。のみならず弁償しなければ成らない高は、七十万円(現在の約7億円)以上で、ヨシや何の様な財産を掻き集めたとしても足り無い。

 彼は悄々(すごすご)と馬車に乗り、事務所に帰った。彼の住居は事務所では無い。倫敦(ロンドン)の郊外に在って、汽車で通うのである。けれど今夜はもう家に帰ることが出来ない。イヤ出来ないのでは無い。帰る気が無いのである。彼は今帰ると云うことさえ忘れて居る。

 独り靠(もた)れ慣れた机にもたれ、夜の益々更けるのをも知らずに考え込んだ。けれど浮かび出る思案は無い。
 彼は深い深い嘆息と共に呟いた。

 「アア己(おれ)の様な、自分の身の始末さえ良く出来ない男が、人の権利を預る様な、弁護士に成ったのが間違いであった。全く出発点に於いて、職業の選び方を誤ったのだ。今と為っては、オオ自殺の外は無いかも知らん。幸いに短銃(ピストル)は有る。アア自殺だ。自殺だ。イヤ自殺は無責任に無責任を重ねるのだ。」


次(二百四十五)へ

a:68 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花