巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume247

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.9. 4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四十七) 手紙の続き

 唐崎夫人の手紙は、宛(あたか)も日頃談話する通りの調子で、下の様に続いた。
 「私は展覧会の開けた第一日に見物した一人ですが、画の事は全く素人であるとは云え、「古家庭」の絵の前には、永いこと立ってシミジミと見惚れました。其処へ玄人の方も集いましたが、孰(いず)れも此の絵が、此の度の展覧会で、第一等の評判を得るであろうと言い、少なくも成功を疑わない口振りでした。」

 網守子は込み上げる嬉しさを抑えつつ、更に読み下した。
 「是に反して、多くの見物を失望せしめたのは、此度に限り、蛭田江南の絵が出ないことです。彼は先日逃亡に良く似た漫遊の度に上りました。妻添子も一緒です。

 或人の説には、彼に対しては既に捕縛の命令が発せられて有るとも言いますが、世間一般は漫遊と信じて居ます。彼が展覧会へ出す様に云って居た波の絵は、秘密に誰かが買い取った由で、今年の展覧会へは、彼の作は一品も出て居ません。」

 勿論出て居ないのが当然であると網守子は頷(うなづ)いた。
 「彼は出発前に、あの絵を大急ぎで売り払ったと思われますが、此様な事は、私よりも貴女の方が良く御存知かも知れません。買主は捨部竹里ですよ。けれど竹里は買い取った事を、誰にも云わない様子ですから、私も誰にも云わないのです。

 ですが網守子さん、私は何も彼も合点して、実に驚きましたよ。梨英の書いた古家庭のモデルが、貴女の幼い頃の姿であることは、私に良く分かりますが、其の画が、江南の乙姫と同じであることも分かりました。

 網守子さん、是れで何して私が、何も彼も合点せずに居られましょうか。江南は私の作った小説を、自分の名で発表した男です。私の此の実験は、江南の画と梨英の画と、何故にこう似て居るかを、充分に私へ説明して呉れます。

 世間の素人は、其の様な事には夢中で有りますけれど、玄人は大抵合点して居る様です。若しも江南が都に居て、今までの通り其の画が展覧会に出て居るなら、多分は江南を弁護する様な説も出ましょうけれど、江南が逃亡して、梨英の画のみ輝いて居るのを見て、誰が江南を弁護しますものか。

 此の様な事情の為に、玄人は益々驚き、何故に梨英の様な天才が、長く他の陰に隠れて居たかと云い、素人は唯知った振りに、江南以上の天才が出現したなどと評して居ますが、何にしても大層な評判です。」


次(二百四十八)へ

a:74 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花