巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume28

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.29

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  
            (二十八) 僕は馬鹿だ、僕は馬鹿だ

 「貧!」
 人に隠すことの出来ないものは、貧である。
 誰も、自分の貧を、見せびらかす人は無いけれど、貧は顔にも現れる。姿にも現れる。言葉にも、行いにも、着物にも、履物にも現れて、一目に其れと見て取られる。

 今入り来った路田梨英が其れである。彼の身は、頭の帽子から足の靴に至るまで、其の貧に窶(やつ)れて居る。
 若し人が蛭田江南に向かい、
 「君の画室へ、何故あの様な貧乏人が出入りする。」
と問えば、江南は極めて自然な面持ちで答える。
 「成功した芸術家は、失敗した学友の無心を、逃れることは出来ない。」

 此の返事を聞く人は、江南を慈悲深い男として感心する。
 梨英は悄々(すごすご)として入って来たが、江南の眺めて居る画面を見ると、忽(たちま)ち我を忘れた様に、ツカツカと其の前に歩み寄り、
 「オオ、良く出来たなア、鼠の巣の様な狭い画室で書き上げた時は、是れ程とも思わなかったが、此の立派な画室へ持って来ると、自分でも見違えるほど引き立つわ。」
 江南は叱る様な語調で、
 「路田君、何を云うか。」
 梨英は恨めしそうに、
 「誰も聞く人が居やア仕まいし、少しの間僕に僕の画を賞鑑させて呉れたって、好いでは無いか。」

 彼は宛(あたか)も、自分の子にでも廻り逢った様に、殆ど夢中である。
 江南「鑑賞したいなら、無言で鑑賞したまえ。壁に耳ありの譬えぢゃ無いか。若し秘密が漏れたなら、君は糊口の道も無いぜ。」
 梨英は此の言葉が耳に入らない。

 「アア良く出来た。この様な傑作へ、自分の名を署することが出来ず、蛭田江南と云う名を記さねば成らない。蛭田君、僕はもう四年来の契約が辛くなった。何とかして僕の名も、少しは世間へ出るようには出来ないだろうか。」

 江南は冷淡に、
 「今更其の様な工夫は無い。」
 梨英は自分の身を恨む様に、殆ど泣き声と為り、
 「アア僕は馬鹿だ。僕は馬鹿だ。」

 江南「其の様に言いなさるな。同じ絵画でも、蛭田江南と云う天才の仕上げが加わるから引き立つのだよ。傑作と不傑作の区別は、唯僅かの仕上げに在るのさ。」
 此の語を聞いて梨英は、憤然として江南の前に突っ立ち、
 「其れは君、暴言だ、暴言だ。君が此の画の何処を仕上げたか。君は僕の絵に、蛭田江南と云う姓名を書き入れる外に、何が出来るか。」

 江南は取鎮める態度と為り、
 「僕が仕上げたと云うのは、僕の署名を以て、画面に信用を加える事だよ。君は幾ら絵が上手でも、行いに信用が無いから。」
 梨英は更に怒りの態度を加へ、

 「僕の行いに信用が無い?何時僕が信用の無い様な行いをした。僕は信用を重んじて居る。君の様に、世を欺く事は嫌いだ。それを君は不信用と云うのか。」
 殆ど飛び掛からんばかりの権幕である。

次(二十九)へ

a:121 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花