巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume34

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (三十四) 肖像画は禁物

 少し江南は考えた末、
  「和女(そなた)と網守子が、其の様に性格が違っては困るが・・・・、一方からは事情が益々切迫して来るし。」
と途方に暮れる様子である。
 添「事情とは何の事情です。」
 江南「相変わらず金さ。金が出来なければ、遠からず夜逃げする外は無い。添子、添子、何うか和女の掛け引きで、網守子から借り出して呉れ。」

 其の言葉には、添子も舞台気を離れて本当に驚いた。
 添「貴方は贅沢が過ぎるからさ、貴族と同じ様な暮らし方をして居るでは有りませんか。贅沢をお減らし成さい。」
 江南「贅沢を減らしては、一事に信用が落ちてしまう。」
 添「では、切々(せっせ)と絵を書きなさい。一枚が幾千円(現在の数百万円)にも売れる程の腕を持って居て、何も其の様に困るには当たりません。」

 所が江南の絵は、切々と書くことの出来ない訳が有る。一枚の絵を産出(うみだ)すには、何れほど梨英の機嫌を取らなければ成らないか分から無い。 
 江南「イヤ私はターナー以来、第一の画家と言われて居るから、其の名誉を支えなければ成らない。気の向かない時に、筆は取れ無い。」

 添「でも私は芝居道に居て、幾等も画工を知って居ますが---。」
 江南「其の様な駄作家と同一に視られては困る。」
 添「貴方は交際が広いから、貴婦人の肖像画を書けば、一枚でも大変な報酬になりましょう。」

 肖像画を作るには、当人を我前に座らせなければ成らない。是も江南の禁物である。彼は常に、肖像画は写真と同じく、一種の工芸で有って、美術では無いと言う論を唱えて居る。其の論を添子にも繰り返して、
 「イヤ、工芸品の製作は真っ平御免だ。」
と結論した。

 添「でも私が言えば、網守子はキッパリ断るに極まって居ます。厭な事は、頭から厭と云う性格ですから。」
 江南「其れを、厭と言わせない様に持ち掛けるのが、掛け引きと言う者だ。」
 添子は次第に江南に圧迫される。
 「掛け引きとは何の様に。」

 江南「そうだな、第一に私を褒め、天才に対する同情を起こさせなければ成らない。其の上で、天才と言う者は兎角金銭の事など顧みない為、人に胡麻化されてしまうのだと、成るべく憐れっぽく言うのさ。其の様な事は、和女の十八番(おはこ)だろう。其れから、今迄も貴婦人が、天才に金銭的の保護を与える例は、幾等も有って、其れは貴婦人の名誉であるから、其の名誉を他の貴婦人に奪われるのは、惜しいと云う様な競争心を起こさせる。」

 添「其れでも駄目な時は。」
 江南「イヤ必(きっ)とうまく行くよ。網守子は、天才とか名誉とか言う様な、美しい言葉に動かされる性格だと、私は睨んだ。けれど若し其れでもうまく行かなければ、利益を説くのさ。
 雑誌の資本金にすれば、非常な利益があると、ナニ、美しい言葉に動かされない人ならば、利益に動かされるに極まって居る。」

次(三十五)へ

a:129 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花