巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume37

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.7

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (三十七) 待ち人来る

 「アノ蛭田と言う方が、其の様な天才でしょうか。」
との網守子の問は、添子の思う壺に入った。 
 添「貴女は未だ広く世間の噂を、お聞き成さら無いから、天才でしょうかなどと、お問い成さるのです。蛭田江南の外に本当の天才は、今の世に無いと言う程です。」

 網「私はそうは思いません。外にも天才は有るけれど、隠れて居ると思います。」
 添「隠れて居る様なのは、天才では有りません。天才ならば、人が其の作品を見て、直ぐに天才と知りますから。独りで名高く成るのです。名高く成ら無いのは天才では無いのです。」

 成るほど其れもそうである。そうすると、路田梨英が今以て世に現れず、居所さえも人に知られない態(さま)であるのは、何故だろうと、不思議に思う念が網守子の心に動いた。
 添子は宛(まる)で其れと見て取った様に、

 「世に天才と言う人は、幾等も有りますけれど、蛭田江南の外は皆贋(にせ)の天才ですよ。」
 何方(どちら)が贋の天才だろう。
 若(も)しも、此の召使が来て、一枚の名刺を網守子に渡さなかったならば、添子の雄弁は何れほど長く続いたかも知れない。名刺の表には捨部竹里とある。網守子は其の名刺を見るやいなや、添子の言葉が未だ途切れ無いのも気付かない様に、直ぐに立って廊下に出て、自ら捨部竹里を迎え、全く旧友を待遇(もてな)す様に、自分の居室に案内した。添子は殆ど呆気に取られて居た。

 「竹里さん、路田梨英の居る所が分かりましたか。」
と昔の通りの打ち解けた口調である。竹里は部屋の様子や網守子の身の回りを見廻しながら、
 「貴女の幸運は、谷川弁護士から略聞きましたが、若し五年前に其の様な家柄の令嬢と知れば、私は相当の敬意を示す所でしたのに、唯の漁師の娘か何ぞの様に思い、きっと失礼の事ばかり多かっただろうと思います。」

 彼は非常に真面目な男である。
 網「今だってあの時と同様に思って下さい。少しも私は変わりませんから。ですが梨英の居所は。」
 竹里「漸く分かりは分かりましたが、当人が人に隠して居る様子なので、其の承諾を経ずに、貴女へお知らせして好いか悪いか分かりません。其れでも貴女が、何うしても知らなければなら無いと仰有(おっしゃ)るならば。」

 網「ハイ私は知らなければ成りません。」
 竹里「実は偶然に分かりました。私は先日から種々の人に問い合わせましたが、先刻(さっき)一友人が意外な所で、路田梨英が意外な家へ入るのを、見受けたと申します。」
 網「意外とは」
 竹「其れだから申し難いので有りますが、お驚き成さってはいけませんよ。言わば貧民窟の様な所です。」

 貧民窟とは成るほど意外である。網守子は驚いたけれど、何やら心に納得して、それほど驚きを示さなかった。


次(三十八)へ

a:121 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花